【皮膚の症状】猫のあごの下に黒いボツボツがある時に考えられる病気

毛におおわれている猫の皮膚疾患は気づきにくいものですが、なでている時にざらざらとした手触りでわかることがあります。口唇からあごにかけてできる黒いボツボツは、いわゆる猫のニキビのようなもの。放置すると、なかなか治らず悪化してただれることもあります。また、重症化する皮膚病の場合もあるため、一度動物病院を受診しておくと安心です。ここでは猫のあご周辺にできるボツボツの正体について、考えられる病気を見ていきます。

猫のあごは汚れやすい

猫のあごの下には脂腺があり、皮脂を分泌しています。そのため、ざそうとも呼ばれる猫ニキビができやすく、年齢を問わず多くの猫に発症します。また、食事の際に汚れが付くところでもあり、細菌やカビ、ダニが繁殖しがちであることも原因です。猫のあごの皮膚疾患の症状としては、先の黒い小さなブツブツとしたニキビができる他、あご全体が赤く腫れることもあります。猫が自分でかきむしって悪化させ、全体が黒ずんで毛が抜け落ちてしまう場合も。猫の顔洗い程度であごを清潔に保つのは限度があります。皮膚の弱い猫の場合には、一日に数回あごの下をぬるま湯で洗ってあげると予防になります。濡れたままにすると皮膚が蒸れた状態となるので、しっかりと水分を拭き取るようにしてください。

猫のニキビができる原因

猫のニキビの原因は、実はまだはっきりとはわかっていません。ただ、環境の改善によって発生を少なくすることができるようです。猫のニキビの発生要因とされていることには、次のようなものが挙げられます。

  • 不衛生な環境
  • プラスチック製の食器
  • アレルギー
  • ストレス
  • ダニ
  • 体力の低下
  • 水飲み時に濡らす

飲み水を放置してこまめに取り換えずにいると、細菌が繁殖して病気の原因となります。同じくプラスチック製の食器は、目に見えない傷がつきやすいので細菌の温床となります。金属やプラスチックに対してアレルギーを持つ場合、あごがお皿に触れるだけで発疹の原因となります。人間と同様に猫もストレスにさらされると、弱い部分に症状が出てきます。環境が変わったりしたりした直後に、皮膚疾患が現れる場合もあります。同様に病後や産後で体力が低下している時やホルモンバランスが崩れると、吹き出物の原因になります。子猫や老齢で水を飲むのが下手な猫には、あごを濡らさないように給水器を利用するなどの工夫が必要です。

黒いブツブツが出る時に考えられる病気

あごのブツブツは、一般的には猫ニキビと呼ばれるものほとんどです。ただ中には、見かけが似ていても異なる病名の場合もあります。猫の吹き出物に関わる病気には、次のようなものが考えられます。

疥癬(かいせん)

もっとも多く見られる皮膚病です。ダニが原因となりかゆみをともなうため、猫がかき壊して傷を大きくすることがあります。同じように見える発疹であっても、使用する薬が原因によって異なります。必ず受診をさせて、正しい治療をするようにしてください。人間用の塗り薬は、猫がなめて中毒を起こすことがあります。猫に使用するのは危険です。

白癬(はくせん)

疥癬と良く似た症状ですが、白癬はカビが原因です。人間でいう水虫が代表的な例です。皮膚がかさかさしたり、逆にじくじくと水を出したりしますが、発疹を伴う症状もあります。猫の場合は進行すると毛が抜け落ちてしまいます。あごの下がいつも濡れている状態では、特に発症しやくなります。

カンジタ

カンジタ症は、主に皮膚や口の中の粘膜に、カンジダというカビが感染することで発症します。感染が全身に広がると、水泡や発疹となって現れます。体力が落ちている時に吹き出物が出ていたら、口内炎などの有無も確認をしておきましょう。カンジダは体内に常在する菌ですが、免疫力の低下とともに急激に繁殖しカンジダ症を発症します。病中、病後、お産の後などに発症することが多い病気です。局所的な治療をしてもなかなか回復しないため、身体全体の抵抗力をつける必要があります。

自己免疫疾患

細菌やウィルスに抵抗する免疫システムに異常が起こる病気です。自分の身体に対して自分の免疫細胞が攻撃をする状態となり、血液や皮膚、内臓を破壊します。皮膚では、発疹、かゆみ、炎症が起こります。血液中の赤血球が失われるため、貧血状態となり死に至ることもあります。人間でいう中年以降、猫では5~6歳頃から発症リスクが高くなり、近年になってこの病気になる猫が増えているようです。吹き出物が出来る病気の中でも、特に重症化の傾向が強いので注意が必要です。

念のための受診を

猫のあごのボツボツは見かけ上も気になりますが、大したことがないだろうとつい見過ごしがちです。猫ニキビであっても治り切らないまま放置すると、ひどい炎症を起こす場合があります。原因ごとに治療に使う薬が変わってくるため、素人判断をせずに一度は病院で受診させておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です