猫の心不全〜原因・症状と対策

猫の心不全は心臓の病気です。原因のすべてが明らかになってはおりませんが、心不全は心臓の機能の低下によって血液の循環機能が弱まっている状態のことを指します。心臓は身体の臓器の中で最も重要な器官のひとつであることは想像しやすいかと思われます。心臓は生命活動の根源を担う臓器です。猫が心不全になってしまうと命の危険が及びます。飼い猫の命を守るため心不全に関する知識を押さえておいてください。心不全の原因や症状、対策についてご紹介していきます。

猫の心不全の原因

猫の心不全を引き起こす主な原因は心機能の低下です。生まれつき心臓の弱い個体や老化によって心機能が著しく低下してきていると心不全を引き起こすリスクが高まります。心不全は進行性の病気なので、症状が表れ始めてすぐに病気を発見することが大事です。とはいえ心不全の原因は様々で、不明瞭なものやはっきりとわかっていないこともあります。けれども心不全の症状はしっかりと表れるので、飼い猫をしっかりと観察し、微妙な変化に対しても敏感に反応できるようにしておいてください。

右心室・右心房に関わる心不全の原因

肺気腫、肺血栓塞栓症、肺動脈狭窄症、腫瘍、フィラリア症、ファロー四微症、気管支炎など。

左心室・左心房に関わる心不全の原因

心室内欠損症、動脈管開存、大動脈弁下狭窄、僧帽弁閉鎖不全など。

心不全に伴う心臓発作

心臓発作が起こると猫が痙攣し、口から泡を吹いて失神してしまいます。そのような状態になってしまうと急を要するのですぐに獣医さんのところに連れていかなければなりません。けれども心臓発作を起こしてから助かる可能性は非常に低いと言わざるを得ません。そのため心臓発作を起こす前に心不全の症状を察知し、症状が進行する前に治療を受けさせてあげることが大事になります。

猫の心不全の症状

猫の心臓の機能が低下し、心不全の症状が出始めていると目に見えてぐったりとするようになります。また呼吸困難になって呼吸が止まってしまい数秒間に渡って呼吸できないでいるなどの症状が表れることもあります。その他ではお腹の腫れ、四肢のむくみ、肝臓の腫れ、咳などの症状が表れます。それらの症状が重複して表れているときには心不全を疑い、早急に獣医さんの診察を受けさせてあげてください。獣医さんに詳細な症状を伝え、心不全ではないかと尋ねれば詳しい検査をしてもらえます。心不全から飼い猫を救える可能性を少しでも高めるためにそのようにしてもらってください。

猫の心不全の対策

猫の心不全の対策として最も大事なことは飼い猫を観察する習慣を身に着けておくことです。心不全の症状が出ていると猫の元気がなくなり、ぐったりとした状態が続くようになります。そして呼吸しづらいような素振りを見せたり、身体がむくみ、お腹が張った状態になり、その後心臓発作を起こしてしまいます。心不全の対策は、症状を見極めて早期発見することしかありません。心不全は原因が様々で、予防しようとしても対策を満たしきることができないので、心不全の症状が表れ始めたときに敏感に察知できるようにしてください。

猫の心不全の治療

猫の心不全の治療はそれを引き起こしている原因によって異なります。その他の臓器疾患が原因で心不全を引き起こしているときにはその治療を行い、心臓機能の回復を待ちます。何らかの原因で心臓の機能が低下しているけれどもその他の疾患が原因でない場合には心臓にかかる負担を減らし、同時に心臓機能を回復させるための対症療法を施して経過を観察します。また薬を投与して治療をする方法もあります。利尿薬、強心薬、血管拡張薬などを症状に応じて投与し、それによって回復を促します。薬の投与の期間に関しては症状により異なり、一時的な投与で終わるものと一生涯投与し続けなければならないものがあります。飼い猫が心不全になってしまったときには適切な治療を受けさせてあげてください。

まとめ

猫の心不全の原因や症状、対策についてご紹介しました。猫の心不全は原因が様々で、かつ原因がはっきりしないこともあるのでその原因を完全に取り除くことは難しいです。とはいえ心不全は心臓の病気なので心臓に負担をかけないようにすることは大切です。特に生まれつき心臓の弱い個体に関してはより一層心臓に過度な負担をかけさせないように注意してください。猫の心不全の主な症状は元気がなくなりぐったりすることです。その他の症状は心不全の進行に伴って生じるものなので、それらが重複して表れていたらすぐに心不全を疑い、獣医さんの診察を受けさせてあげてください。もし心不全になっていたら適切な治療を受けさせてあげましょう。猫の心不全は早期発見が何より大事になります。飼い猫の命を守るため、しっかりと飼い猫を観察してあげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です