猫の横隔膜ヘルニアってどんな病気?横隔膜ヘルニアの症状、治療について

横隔膜ヘルニア…あまり馴染みのない名前ですが、事故や先天的な理由で横隔膜が破れてしまい、お腹の中に納まるべき臓器が胸の方に上がって心臓や肺などを圧迫する症状のことです。症状が重い場合は手術が必要ですが、手術が困難なケースもあり、命にかかわる症状と言えるでしょう。

今回は、横隔膜ヘルニアの原因や症状について、ご紹介しましょう。

そもそも横隔膜って何?

横隔膜は、肺の後ろにあるドーム状の筋肉。中央部は腱でできていて、その周辺を筋繊維が取り囲んでいます。

主な役目は伸び縮みすることで楽に呼吸ができるようサポートする働きですが、同時に、胃や腸などの消化器系臓器と、肺や心臓などの循環呼吸器系の臓器を分ける役割も果たしています。

人間の場合、たまにしゃっくりが出たりしますね。これは横隔膜を司る神経や横隔膜そのものが刺激されることによって起こりますが、体全体を揺るがす振動に改めて横隔膜の腱の強さを感じさせられます。

普段は意識することはありませんが、横隔膜は、強い腱で呼吸を助け、内臓に秩序をもたらす重要な臓器なのです。

猫の横隔膜ヘルニア、種類と原因は?

横隔膜に穴が開いてしまうのが横隔膜ヘルニアですが、その原因はさまざまです。

外傷が原因の横隔膜ヘルニア

交通事故や転落事故などが原因で起こるヘルニアです。車に衝突したり、高いところから落ちて圧迫されることにより横隔膜が破れると横隔膜ヘルニアになります。

横隔膜の中央部分には、大静脈、大動脈、食道などを通す穴が開いていますが、この部分は比較的弱く、強い力がかかると破れやすいと言われています。

先天性の横隔膜ヘルニア

猫によっては遺伝的理由により、生まれつき横隔膜が不完全で横隔膜の面積が足りていないケースや、心臓を包む心嚢膜(しんのうまく)と腹腔が繋がっているケースも見られます。

こういった場合、横隔膜ヘルニアを発症することがあります。先天性の横隔膜ヘルニアは長毛種のヒマラヤンに多く発症します。

食道裂孔ヘルニア

横隔膜に開いている食道を通す穴から破損してヘルニアになるケースです。特定の種の猫だけに限定されず、幅広い種で起こります。

猫は横隔膜ヘルニアになるとどんな症状が出るの?

ヘルニアの症状は原因や穴の大きさ、臓器の状態によって変わります。

外傷が原因の場合も先天性の場合も、穴が小さく、臓器の移動がなければ、症状自体が表れない場合もあります。

しかしながら、主に外傷が原因の場合、横隔膜が大きく破けて、消化器系の臓器が肺や心臓を圧迫するくらい大きく上部に移動してしまうと呼吸が苦しくなったり、心拍が早くなったり、ショック状態になったりします。

また、肝臓が圧迫されると肝機能障害に、胃や腸が圧迫されると吐き気や食欲不振になったりします。

猫の横隔膜ヘルニアの治療、処置は?

事故などによる外傷的な原因で横隔膜を激しく損傷し、症状が重い場合は外科手術が必要になります。

移動してしまった臓器を元に戻し、破れてしまった横隔膜を縫い合わせる手術が行われます。

交通事故などの場合は、横隔膜以外にも損傷がある可能性が高いため、手術が成功するかどうかは、全体の損傷具合と猫の体力に掛かっていると言えるでしょう。

先天性のヘルニアの場合、穴が小さければ手術で塞ぐことは可能ですし、場合によっては手術をせず、経過観察することもあります。

しかしながら、横隔膜の不足している部分が大きかったり、長年のヘルニア状態で臓器があるべき場所でないところに癒着してしまっていたら手術で完治しない場合もあります。

猫の横隔膜ヘルニアの予防は難しい

横隔膜ヘルニアは事故か先天的理由によるものが多いので、予防自体が難しい病気です。

外傷によるヘルニアを防ぐためには、室内飼いにする、マンションのベランダなど高所から落ちる可能性のある場所に出入りさせないなどの手立ては可能です。

飼い主さんの気配りで、不慮の事故による横隔膜ヘルニアから猫を守ってあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です