猫の回虫症〜原因・症状と対策

猫の回虫症は回虫と呼ばれる糸状の寄生虫が体内に侵入することによって発症します。とはいえ回虫が猫の体内に侵入しても症状が表れないことが多いです。けれども幼少期の猫の体内に多数の回虫が侵入してしまうと深刻な症状を引き起こすこともあります。また回虫は猫だけではなく人の身体に対しても害を与えることがあり、回虫が人の体内に侵入すると幼虫移行症を引き起こす怖れがあります。猫の回虫症の原因や症状、対策についてお伝えしていきます。

猫の回虫症の原因

猫の回虫症の原因は回虫卵が猫の口から侵入してしまうことです。つまり経口感染です。回虫の卵は耐久力が強く、土の中や水たまりの中などで生き続けます。回虫症に感染した猫や犬の排泄物に回虫卵が含まれていて、それが巡り巡って猫の体内に侵入してしまうと回虫症になります。また回虫卵が付着した猫の身体を舐めて毛づくろいすることによって回虫卵が体内に侵入してしまう可能性もあります。

母子感染の可能性

回虫症は母体内で母子感染するということは基本的にありません。けれども母猫が子猫を育てる際に母乳を与えることで回虫卵が子猫の体内に侵入し、回虫症を引き起こす可能性はあります。また母猫の身体を子猫が舐めて回虫症になるケースも十分に考えられます。猫の体内に回虫卵が侵入してしまうと他の猫や人に回虫卵を感染させてしまう怖れがあるので注意してください。

猫の回虫症の症状

猫の回虫症の症状は多岐に渡っており、下痢や嘔吐などの主症状に加え、食欲不振や体重の減少、貧血などが挙げられます。下痢や嘔吐の症状が見られた場合は、便や嘔吐物にひも状の虫が混じっていることがあり、それが見られたら回虫症である可能性が著しく高まります。回虫は人や犬の体内では基本的に成虫まで育ちませんが、猫の体内では成虫にまで育つことが多いので猫の回虫症ではそのような症状が見られます。

回虫が人に感染した場合

可能性は高くはないですが、回虫卵が人の体内に侵入してしまうと人も回虫症を引き起こします。人の回虫症は一般的にトキソカラ症と言われています。内臓移行型と眼移行型があり、共に重症化する可能性があります。内臓移行型の場合は回虫が侵入する場所によって症状は変わりますが、脳に侵入するとてんかんの発作を引き起こすことがあります。一方、眼移行型の場合は飛蚊症や霧視の症状が表れ、ひどい場合には網膜剥離や網膜内腫瘤に至ることもあります。猫を飼っている方はトキソカラ症になる可能性がそうでないひとに比べて高くなるので気をつけてください。

猫の回虫症の対策

回虫卵は高い生命力があるので長く生き続けます。飼い猫を屋外に出す機会の多い方は回虫卵を持ち帰ってきてしまうリスクが伴うので、完全に防ぎきることは難しいでしょう。そのため猫の回虫症の対策には定期的な便の検査をしてもらうことが有効です。猫の便を検査すれば回虫卵の存在を発見できる可能性が高いです。猫の体内に回虫卵が侵入するリスクを完全に排除することが難しいからこそ、定期的な検査が大切になります。

猫の回虫症の治療

猫の回虫症の治療は駆虫薬の投与になります。また猫に何らかの症状が表れている場合にはそれに応じた治療も併せて行うこともあります。とはいえ手術をするような治療法ではありません。猫という動物の特性上、回虫症を完全に予防することが難しいからこそ、猫の体内に回虫がいないかどうかの検査や適切な治療をしてあげてください。

まとめ

猫の回虫症の原因は回虫卵が口から侵入してしまうことです。回虫卵は土の中で生き続けられるので回虫卵を含んだ土や水たまりに猫が口をつけてしまうと回虫症になるリスクが高まります。猫の体内に侵入した回虫卵は成虫にまで育つことが多いので、猫の便や嘔吐物に糸状の虫が見られる場合があります。とはいえそのような症状が見られていなくても回虫症になっていることはあるので、定期的に検査をしてあげる必要があるでしょう。猫の体内に回虫が居ることがわかれば、適切な治療を施してあげられます。猫の回虫症の治療は十分に可能なので定期的な検査を検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です