猫クラミジア感染症〜原因・症状と対策

猫はクラミジアという細菌に感染すると猫クラミジア感染症を引き起こします。その症状は多岐に渡っていますが、比較的発見しやすいのでしっかりと飼い猫を観察していれば問題なく発見できることがほとんどです。クラミジアは人にも感染するので耳にしたことのある方が多いのではないでしょうか。稀なケースではありますが、猫から人へ感染することもあります。猫クラミジア感染症の原因や症状、対策についてお伝えしていきます。

猫クラミジア感染症の原因

猫クラミジア感染症の主な原因は接触感染と母子感染のふたつです。特に母子感染による猫クラミジア感染症には注意しなければなりません。その理由は幼少期の猫が猫クラミジア感染症にかかると死亡してしまう可能性が成猫に比べて格段に高いからです。また猫クラミジアは子猫がかかりやすい感染症なので、幼少期の子猫には特に注意してあげてください。

接触感染

接触感染は猫が猫と接触することにより感染することを指します。猫クラミジアに感染した猫と猫が接触することによって猫クラミジアの細菌が猫の体内に侵入し、猫クラミジア感染症が発症します。ここでいう接触には様々なケースが含まれますが基本的には唾液などの体液を通して感染するので、毛づくろいなどで感染することがほとんどとなります。

母子感染

猫クラミジアは母子感染します。母猫が猫クラミジアに感染していると子猫に感染してしまうのでそうならないように予め母猫に適切な治療を施し、猫クラミジア感染症を治しておかなければなりません。子猫が猫クラミジアに感染してしまうと最悪の場合は死に至ります。猫クラミジアに関する知識をもち、猫の身体を守ってあげてください。

猫クラミジア感染症の症状

猫クラミジア感染症の主な症状は結膜炎です。猫クラミジア感染症は基本的に片目の結膜炎から始まるので、そのような症状が見られた場合はまず猫クラミジア感染症を疑ってください。猫クラミジア感染症が引き起こす結膜炎は症状が長引くことが多いので飼い主が気付かないということはほとんどないと思われます。また猫クラミジア感染症はその他に咳や鼻水、くしゃみなどの風邪のような症状を引き起こし、悪化すると気管支炎や肺炎を引き起こします。特に肺炎は子猫が死亡してしまう主な原因となるので注意してください。

猫クラミジア感染症の対策

猫クラミジア感染症対策にはワクチンの接種が最も有効な方法となります。猫の5種混合ワクチン、7種混合ワクチンには猫クラミジア感染症が含まれているので、それらのワクチンを接種していれば猫クラミジア感染症を防げます。特に飼い猫が母になることを想定しているときや、猫を多頭飼いしているときはワクチンの接種を前向きに検討してみてください。

猫クラミジアの細菌を持ち帰らせない

猫クラミジア感染症のワクチンを接種していない場合の対策は猫クラミジアの細菌を猫の体内に侵入させないようにすることが大事になります。猫を放し飼いにしている方は、猫が屋外に出ている間に猫クラミジアを持ち帰ってしまう可能性があります。猫を多頭飼いしている場合には食器や毛づくろいを通して他の猫に猫クラミジアを感染させてしまう可能性が非常に高くなります。まずは猫クラミジアの細菌との接触を避けるように配慮し、もしも猫クラミジア感染症が発症したときには早急に治療してあげてください。

猫クラミジア感染症の治療

猫クラミジア感染症の治療方法は投薬治療になります。抗生物を点眼または点鼻、もしくは全身投与にて猫の体内に入れることで猫クラミジアを治療できます。ただ一度や二度の投薬で猫クラミジアが完治するというものではなく、基本的には2週間程度継続して投薬しなければなりません。もし猫クラミジア感染症が重症化している場合には点滴治療が必要になる場合があり、1か月以上の継続治療が必要になることもあります。そうならないためには早期発見が大事になるので結膜炎やその他の症状から察知してあげてください。

まとめ

猫クラミジア感染症は猫クラミジアという細菌が体内に侵入することによって引き起こされる感染症です。それが発症すると結膜炎の症状がでて、場合によっては気管支炎や肺炎を引き起こすこともあります。特に子猫の場合は重症化しやすいので注意してください。猫クラミジア感染症を予防するためにはワクチンの接種が有効です。またもしも猫クラミジアに飼い猫が感染してしまったときには早急に獣医さんの診察を受けさせ、適切な治療をしてもらう必要があります。猫クラミジア感染症は猫クラミジアを完全に体内から消し去ることが大事なので、確実な治療を施してあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です