猫のドライアイ〜原因・症状と対策

猫もドライアイになるものですが、その原因は人間と異なり、涙の量が根本的に減少したりなんらかの異常で全く出なくなってしまうことから起こります。そのため原因にあった治療が必要となり、その分、早期発見が大切になるのです。猫の目の色や目やに、まばたきの回数などいつもと違う様子に気づいたら早めに動物病院を受診するようにしましょう。

猫のドライアイの原因

猫の涙が減少

人間のドライアイはよく聞くものですが、猫のドライアイは人間がドライアイになる仕組みとは異なります。猫の涙の量が、なんらかの原因のもとに減少してしまうことから目が乾いてしまうようになります。本来は、涙に覆われている猫の目ですが、涙が少なくなってしまった目にとってまばたき自体が摩擦を起こすようになってしまいます。この摩擦で角膜や結膜に傷がついてしまい、さらに炎症を引き起こしてしまうことがあるのです。

細胞の異常や感染症

猫の涙が減少しドライアイになってしまう原因は様々ですが、免疫異常で自身の涙腺細胞まで破壊し、涙が作られなくなってしまうということがあります。また、神経や顔面細胞の異常で涙が減少してしまうこともあります。

さらに、なんらかの感染症などによって、細菌が涙を分泌する細胞まで達してしまい、異常をきたすということもあります。猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症など、ワクチンで予防できる代表的な感染症も実は、ドライアイの原因になってしまうことがあるのです。

猫のドライアイの症状

結膜炎や角膜炎に似た症状

猫のドライアイは、結膜や角膜が傷ついていることもあるので、結膜炎や角膜炎と同じような症状が出てくることがあります。実際に結膜炎や角膜炎だと思っていたというケースもあるのです。白眼の部分が普段より充血していたり、にごった感じになることがあります。また、まぶたの内側をめくるようにして見た時に充血しています。普段は乾いた目やにだけだったのが、黄色い目やにへ変わっていたり、においがするような時にも注意が必要です。

猫の目の色の変化

ドライアイは本来酸素を運ぶ涙が減ってしまう為、角膜が黒くなってしまったり、血管が見えてしまうなど、透明だったはずの角膜に異常が起こります。角膜に穴が開いてしまうこともあり、失明につながってしまうこともあるのです。

普段は涙で潤っている猫の目には輝きがあるものですが、表面の輝きがなくなったり、まばたき自体ができないような状態になってしまうこともあります。目が乾いてしまい、その代わりに傷ついた部分から出血が起こってしまうのです。

猫のドライアイの対策

病院での治療

猫のドライアイには、それぞれの原因にあった治療が必要になります。様々な検査によって、ドライアイの原因にあった点眼薬を探し、目の潤いを戻していくようにします。涙の分泌自体を増やすために軟膏と目の乾きを防ぐ点眼薬、ふたつを使って治療することが多いものですが、効果がなかなか出ないこともあります。場合によって、手術を行うケースもあり、その際も軟膏や点眼薬が必要になります。

普段の生活

ドライアイは、早期発見、早期治療が大切です。その為には普段から、猫の目の状態を含め体調チェックをしておくようにしましょう。感染症になっている場合は、目やになどの他にも消化器系や呼吸器系になんらかの症状が出ます。高齢になってきて、体の様々な機能低下と共に涙が減ってきているということも考えられます。

また、結膜炎の治療を進めていても一向に目やにが減らないなどの異常を感じた場合は、早めに獣医師に相談し、涙の量の計測など検査をしてもらうようにしましょう。

まとめ

猫のドライアイは、結膜炎や角膜炎に似た症状が出ることが多く、点眼薬をしながら様子を見ることがあります。しかし、進行してしまうと、最悪の場合、さらに目が傷つき失明してしまう恐れもあります。目やにひとつであっても、乾いているか、湿っているか、普段と色やにおいが違わないか確認することで、実は異常があることに気づき、早期発見につながることがあります。普段から猫の目のチェックし、いつもと違う様子に気づいたら早めに動物病院を受診しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です