どうして太りやすい?猫の避妊・去勢の影響と肥満対処法。

みなさんの猫は避妊・去勢の手術を受けていますか?避妊・去勢はノラ猫を増やさないためにも、愛猫を乳腺ガンなどの病気から守るためにも、必要な手術ですよね。しかし、避妊・去勢手術をすると太りやすくなると言われています。ここでは、避妊・去勢によって太りやすくなる理由と対処についてご紹介したいと思います。

猫の避妊去勢の状況

避妊・去勢を受けたネコは世界的に多いことが報告されてきました。各国の避妊去勢状況はこの通りです。
アメリカ:95%
ニュージーランド:85%
オーストラリア:84%
スコットランド:83%
フランス:61%
猫は避妊・去勢の影響によって肥満のリスクが高くなるようです。避妊去勢された猫の肥満リスクは1.5〜9.3倍高くなるという研究報告もあります。

避妊・去勢で太りやすくなる理由

避妊・去勢手術を受けると、体重維持に必要な摂食カロリーが減少します。これまで報告された研究では、10〜30%減少したそうです。つまり、避妊・去勢を受ける前と同じ量の食事を与えてしまうと、10〜30%カロリーを余計に摂食しまうことになり、その分太ってしまうんです。

また、日本の多くの飼い猫は置きエサですよね。避妊・去勢すると自然な摂食量も増えてしまうことが報告されていますので、食べすぎしやすくなります。食事中の脂肪をよりおいしく感じるようにもなるので、高脂肪なプレミアムフードは食べすぎに注意しなければなりません。さらに、脂肪蓄積を予防するためか、脂肪組織が血中の脂質を取り込みにくくなり、高脂血症も生じやすくなります。

避妊・去勢による肥満の対処方法

避妊・去勢前と同じ食事を与える場合、10〜30%食事を減らしてください。
食事を変更するならば、10〜30%カロリーが低いものに切り替えてください。
置きエサをやめることも必要です。
食事はなるべく低脂肪なもの(8〜9%)を選ぶとよいでしょう。
食事回数を多くすれば、自発的な運動量も増やすことができます。毎日ねこじゃらしで遊ばせることも運動量を増加させることができます。

まとめ

避妊・去勢は猫とヒトの関係をより良いものにしてくれる半面、猫を太らせてしまうリスクもあります。肥満は猫の寿命を縮める可能性もあるため、避けなければなりません。リスクをきちんと理解して、毎日の食事管理をしっかりしてあげてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です