一度は聞いたことがある!猫のクッシング症候群の症状・原因・治療法について

ペットを飼っている人であれば、「クッシング症候群」という病名を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。しかしクッシング症候群ってよく聞くけど、実はあまり詳しく知らないという人も多いかもしれません。

クッシング症候群は犬に多く見られる病気で、猫は発症率が低くかかりにくいといわれますが、絶対にかからないというわけではありません。

今回は猫のクッシング症候群について詳しくご紹介しましょう。

クッシング症候群ってどういう病気?

猫のクッシング症候群は副腎皮質ホルモンの過剰分泌によって引き起こされる症状をいいます。

副腎皮質ホルモンは腎臓の上にある副腎で生成されるホルモンで、炎症の抑制や炭水化物の代謝、血液の分解などを行っている器官です。このホルモンが慢性的に過剰になると皮膚や筋肉の分解、肝臓でのグルコース生成が促進され、高血糖になってしまいます。

医学的、生物学的な話になってしまうのでなかなかどういう病気かを簡単に説明するのは難しくなってしまいますが、ホルモンや肝臓の働きに影響を与え高血糖に導いてしまう病気というわけです。

クッシング症候群の主な症状

クッシング症候群になるとさまざまな体の変化が現れるようになります。

水をたくさん飲むようになり、食欲も増えます。お腹がふくれるようになり、おしっこの量や回数も増えてしまいます。さらにホルモンの異常から脱毛が起こったり、筋肉の萎縮が見られたりするようになります。

さらにクッシング症候群を発症した猫に多いのが他の病気との併発です。

特に甲状腺機能低下症や糖尿病を併発している可能性があり、過剰に分泌されるホルモン異常によって脳下垂体の腫瘍や副腎腫瘍などになることもあります。

クッシング症候群になってしまう原因

クッシング症候群には明確な原因はありません。老化とともにかかりやすくなったり、脳内腫瘍や副腎腫瘍になることでかかってしまったりすることもあります。

他にも腫瘍やアレルギー、炎症などの治療に用いられるグルココルチコイドといわれる薬の長期使用で副作用が出てしまうことがあります。

クッシング症候群の治療方法

クッシング症候群の治療には併発している病気の治療を行う他、副腎皮質の働きを弱める投薬にて治療を行っていくようになります。

命に関わる病気ではありませんが、病気を併発すると危険なこともあり、クッシング症候群の治療には一生投薬を続けなくてはいけません。病気にかからないためにも早い段階で病気のサインに気付き、愛猫を守ってあげることが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です