換毛期の前に知っておきたい、猫の毛球症の原因、症状、治療法、予防法について

猫といえば、気がつけばペロペロと被毛をなめている印象がありませんか?グルーミングには毛並みを整えるほか、気化熱で体温を下げたり、気を落ち着かせたりする効果があり、猫にとって欠かせないものです。

ただ、時にはグルーミングで飲み込んだ被毛がおなかにたまって排出できないほど大きくなり、「毛球症」を発症することがあります。毛球症とは一体どういう病気なのか、原因、症状、治療法、予防法をご紹介します。

毛球症の症状

毛球症になると、食欲がなくなる、吐きたそうにしているのに吐けない、便秘といった症状が見られます。

毛球症の原因

毛球症はグルーミングのときに飲み込んだ被毛が、おなかの中で毛玉となってたまることで、消化器に不調を起こす病気です。

通常、おなかの中の毛玉は猫が定期的に吐き出したり、便と一緒に出てきたりします。しかしうまく排出できないと、毛玉はおなかの中でどんどん成長して自力で出せないほどになります。

そもそも、なぜ猫は被毛を飲み込んでしまうのでしょうか。その原因は猫の舌にあります。猫の舌は物を奥へ奥へと送る仕組みになっているので、グルーミング時に舌についた被毛も喉に送られ、飲み込んでしまうのです。

短毛種より長毛種のほうが毛球症になりやすい傾向があるため、飼い主は猫がきちんと毛玉を排出できているか特に注意する必要があります。

毛球症の治療法

毛球除去剤をなめさせ、便と一緒に毛玉を排泄させます。大抵、毛球除去剤のみで解消しますが、便の中から毛が一向に出てこなかったり、病状が悪かったりすれば開腹手術をして毛玉を取り出すこともあります。

毛球症の予防法

毛球症になると、猫は吐き気や食欲不振に苦しむことになります。そうさせないためにも予防対策をしましょう。予防法は複数ありますので、猫が嫌がらない方法を選んでください。

ブラッシング

毎日猫をブラッシングして抜け毛を取り除くことで、グルーミング時に猫の口に入る被毛の量を軽減できます。また、ブラッシングをすると皮膚病や傷、しこりなどの早期発見につながるほか、猫と飼い主のコミュニケーションにもなります。

毛球除去剤や猫草

毛球除去剤には日頃から毛玉を便とともに排出させ、毛球症を予防する効果もあります。週に2、3度なめさせましょう。一方猫草は、食べることで胃に刺激を与え、たまった毛玉を吐き出しやすくする作用があります。

毛玉対策用のキャットフード

毛玉対策用のキャットフードには、おなかの毛玉を排出しやすくするために食物繊維が多く含まれています。毎日のフードで予防できるため手軽ですが、突然毛玉対策用のキャットフードに切り替えるなど、猫に無理やり食べさせようとするのは禁物です。

フードを変更する場合、毎日少しずつ従来のフードに新しいフードを混ぜるようにしてください。

抜け毛が増える換毛期は特に注意!

抜け毛の増える春と秋の換毛期には、特に予防対策をきっちり行いましょう。気がついたときには毛球症になっていた…と青ざめることのないように、日頃のケアが大切です。

もし、猫が毛玉をうまく排出できていない様子で、かつ毛球症の症状が見られたときには、かかりつけの動物病院で相談してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です