突然死する可能性も。猫のフィラリア症の原因・症状・治療法・予防法について

犬でおなじみのフィラリア症は、猫も感染・発症します。猫の場合は突然死してしまう可能性もあり、注意したい病気のひとつ。しかし困ったことに、猫のフィラリア症特有の症状というものがあまりなく、他の病気と間違えて放置しがちなところがネックです。

ではどういった症状が出るのでしょうか。感染経路と原因、治療法、そして最も大切な予防法とともにご紹介します。

フィラリア症の症状

咳、呼吸がしづらくなるといった呼吸器系の症状のほか、嘔吐、食欲不振、神経症状など。中にはほとんど症状が見られない猫もいます。

問題は猫に寄生しているフィラリアが体内で死んだ場合です。肺動脈がフィラリアの死骸で詰まったり、猫の体が強いアレルギー反応を示し、アナフィラキシーショックを起こして突然死したりすることがあります。

フィラリアの感染経路と原因

フィラリア症は、フィラリアという内部寄生虫が猫の体内に寄生して呼吸器などに悪影響を与える病気です。

フィラリアは動物に感染し、成長するために、犬と蚊の体を利用します。

まず犬の体内で生まれたフィラリアの幼虫(ミクロフィラリア)が、その犬の血を吸った蚊の体内に移動。蚊の体内で感染力を持てる状態に成長したのち、蚊が猫の血を吸ったときに、刺し傷から猫の体内に侵入します。

その後、ミクロフィラリアは主に猫の心臓や肺動脈、時に脳に移動し、寄生します。そして成虫となり、猫の体に様々な障害を引き起こします。

フィラリア症の治療法

現在出ている症状への対症療法が中心となります。駆虫薬や外科手術も手段の一つですが、あまり積極的には行われていません。駆虫薬を使うと、フィラリアが体内で死んで猫に悪影響を及ぼすリスクがあります。外科手術は手術自体が猫の体に大きな負担をかけてしまいます。

一度発症すると決定的な治療法がないのが猫のフィラリア症です。そのため、何より予防が大切になります。

フィラリア症の予防法

フィラリアは蚊によって媒介されます。そのため、蚊がいる時期プラス1ヶ月は、猫にフィラリアの予防薬を毎月投与しましょう。

フィラリアの予防薬は、前月に猫の体内に侵入したフィラリアの幼虫を駆虫するもののため、蚊がいなくなってからもあと一回投与する必要があります。

予防を徹底して、フィラリアの寄生を防ぐ

猫がフィラリア症に感染・発症してしまうと、有効な治療法がないばかりか、突然死することもあります。猫をそんな危険にさらさないためにも、フィラリア症の予防を習慣化すると安心です。

予防薬にはいろいろ種類があるので、かかりつけの動物病院で相談して猫に合ったものを選択するようにしましょう。

また、病気でない猫に薬を投与することに対し、抵抗がある飼い主の方は、その旨も合わせて動物病院で相談して、納得のいく方法を選んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です