愛猫の咳がとまらない…猫の喘息の原因と治療法について

人間でもアレルギーやホコリが原因でゼーゼーと呼吸をしたり、突然咳をしたりすることがありますが、猫も人間同様の症状を発症し喘息を起こすことがあります。

猫も発作的に咳をしたり、毎日咳をしたり、運動や食事が辛くなってしまうこともあり、最悪の場合は呼吸不全で命を落としてしまうこともあります。

今回はそんな喘息についてしっかりみていきましょう。

解明されない猫の喘息

猫が喘息を誘発するものとしてホコリや花粉、薬物、食べ物などのアレルギーや有害な刺激がありますが、猫が喘息を起こす原因そのものはまだ解明されていません。

これらの有害物が気道の粘膜を刺激してしまい炎症を起こしたり、平滑筋を収縮させてしまったりすることで喘息の症状が出るようになります。

重篤な症状の猫の場合は四六時中咳をしてしまったり、毎晩苦しそうに咳をしたりとみていて辛くなるほどの症状を発症してしまうこともあります。

喘息の症状が悪化していくと呼吸困難に陥るだけでなく、皮膚が青白くなるチアノーゼがみられ、命の危険を伴います。

猫の喘息に施す治療

猫のアレルギーを判別するのは非常に難しく、アレルゲンを調べてその物質を避けるといった治療は難しいでしょう。

例えば今までなかった芳香剤を置いたとたん、猫が咳をするようになったとかであれば原因追及もしやすいのですが、特に室外で飼っている場合は排気ガスや花粉、植物などを特定することは難しくなります。

なかなかアレルゲンを排除しにくいので、一度喘息を発症してしまうと長期での治療を覚悟しなくてはいけません。軽度の喘息であれば気管支拡張剤や抗炎症剤、ステロイドなどの内服や吸引を行っていきます。

しかし、重篤な場合は入院での酸素吸引や点滴などが必要になることもあります。症状が落ち着いてきても投薬をやめられなくなることもあります。

アレルゲン除去を行うのなら

喘息は猫の中でも特にシャム猫に多い病気とされています。その原因もまだ解明はされていないため、喘息の誘因物を特定するのは簡単なことではありません。

しかし、様々な猫の角度から何が引き金で喘息を起こしているのかを考えてあげることは重要です。

室外飼いでの誘因物特定はほぼ不可能に近いので、室内飼いを行うなどの対策も効果があるか確認してみることをおすすめします。

またホコリや芳香剤など猫の気管支に影響を与えるようなものがないかもしっかりチェックしましょう。呼吸疾患により喘息を起こすこともあるのでワクチン接種も考慮しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です