猫に増えるガン。猫にガンが多い理由と猫のガンの種類について

人間の病気でも昔から命に関わる大病として知られてきたガンですが、ガンは決して人だけの病気でなく動物にも起こる病気です。その中でも特に猫に発症するガンは悪性腫瘍の割合が高いとされています。

今回はそんな猫のガンについてしっかり考えてみましょう。

猫の腫瘍は悪性腫瘍、ガンの確率が高い理由

そもそも腫瘍とは細胞が本来とは違う形で増殖し、異常な組織を形成したもののことをいい、良性腫瘍と悪性腫瘍とに分けられます。

腫瘍が移転せず、命に関わる恐れのないものが腫瘍、良性腫瘍と一般的に言われ、命の危険のあるものを悪性腫瘍、ガンと言います。

猫が年齢を重ね、年老いてくるほど腫瘍の発症率は高くなります。猫は犬よりもガンになる割合が高く特にリンパ腫や乳ガンは多いと言われています。その理由の一つには去勢・避妊の手術が関わっています。

犬の場合多くがこの手術を行いますが、猫では去勢・避妊を行っていないことも多く、深刻な問題になっています。

ガンの中でも猫に多いのはリンパ腫や乳ガン

リンパ腫は猫に最もよくみられるガンで、若い猫に発生するものと高齢猫に発生するものに分けられます。

発生してから1、2ヶ月で命を落とすこともあるほど進行が早く、若い猫では胸腺型リンパ腫が多く、高齢の猫では消化管型リンパ腫が多くなっています。

乳ガンは避妊手術をしていれば避けられる病気といわれていますが、乳腺腫瘍になる猫の8割以上が悪性の乳ガンを発症してしまいます。

猫の乳ガンは犬などに比べて、急速に症状が悪化していき、リンパ節や肺に転移しやすく、治療が行いにくいとされています。治る確率が少ないので発症させないことが重要になります。

発見しても末期の状態が多い猫のガン

猫の腫瘍は悪性のガンである確率が非常に高い上、速いスピードで進行していく病気です。ガンだと分かっても治療が施せないことが多いため、しっかりと予防を行っていくことが重要です。

猫のガンはウィルス感染が引き金となったり、紫外線の影響やホルモンの作用であったり、ある程度原因が特定されています。

高齢の猫の場合は原因が不明なこともありますが、若い猫ほど進行も速くないことが多いので日頃からボディチェックなどを行い、早期発見できるようにするが肝心です。

ガンにならないためにも定期的に健康診断を受けたり、ワクチン接種で感染症を防いだり、去勢・避妊手術を受けてしっかり予防していくことを心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です