息苦しそうで可哀想な猫の喘息。救ってあげるにはどうしたら良いの?

人間と同様、猫も喘息に罹ることがあります。喘息になると猫は息苦しそうに呼吸するため、見ている飼い主さんも辛い思いをすることが多いようです。喘息は悪化すると命の危険に脅かされることがありますので適切に治療を続ける必要があります。今回は猫の喘息についてご紹介しましょう。

猫の喘息とはどんな病気?

喘息とは一種のアレルギー疾患で、アレルギーを引き起こす原因物質により気管や気管支の壁面部分に炎症が起こり、気管や気管支が狭くなることで起こる呼吸困難な状態です。

喘息になると喘鳴(ぜいめい)と呼ばれるゼーゼーと音のする呼吸をするようになり、胸やお腹を大きく動かして呼吸することがあります。咳はたまにしか出ない場合や継続する場合など個体差があります。

息苦しいため動かなくなり、口を開けたまま苦しそうに呼吸することもあります。喘息の症状は猫によってさまざまで、症状が軽いと見過ごしがちですが、放置すると急性の大きな発作を起こすこともありますので早めの治療が必要です。

喘息の原因

喘息はアレルギー疾患ですので、原因はアレルギーを起こすアレルゲンです。喘息を誘発するアレルゲンとしてはほこり、タバコの煙、花粉、食べ物、薬物、カビ、芳香剤、香水などが考えられます。

どのアレルゲンが猫の喘息の原因となっているかはアレルゲンテストなどで調べてもらうことができますが、なかなか特定できないのが現状です。

喘息の治療はどうやって行うの?

喘息の発作が起きている時の治療には気管支拡張剤やステロイド剤、抗炎症剤などを用います。これらの薬は内服する場合とスペーサーにより吸入する場合があります。プレドニゾンなどの副腎皮質ステロイドは使用をためらう飼い主さんも多いと思いますが、発作を鎮めるのに非常によく効く薬です。

猫は犬に比べるとステロイド剤の副作用が出にくいと言われていますので、長期的な服用を勧められる場合もあります。喘息の治療は発作を抑えるだけでなく、発作を起こさないようにコントロールすることが大切です。治療については獣医さんとよく相談の上決めましょう。

家で猫のために飼い主さんができること

猫の喘息のために飼い主さんができることのひとつはアレルゲンの除去です。アレルゲンになりそうなほこり、花粉、カビなどを室内から除去するために掃除はこまめに行いましょう。拭き掃除はほこりや花粉を除去する効果的な方法です。

猫が使用するハウスや敷布、毛布等もこまめに洗濯しましょう。部屋に空気清浄機を設置するのもオススメです。

喘息の治療は忍耐強く、長期的に

喘息は完治が難しい病気です。治療に当たっては発作を起こさないようにコントロールすることが大切で、それゆえ治療は長期に及びます。飼い主さんは獣医さんと二人三脚で辛抱強く猫の治療に当たるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です