ネコに出会える観光名所!?京都にある『哲学の道』とは…

京都にある『哲学の道』という小径。春には桜、秋には紅葉が見られるだけでなく、実はたくさんの猫に出会える穴場スポットなのです!!

■『哲学の道』とは?

疏水にそった約1.5キロの道で、日本の道100選にも選ばれています。哲学者西田幾多郎が思索にふけりながらこの道を散歩したことから名付けられたそうです。

石畳の小径を草木や花を観察しながらゆったり散歩したり、周辺の寺院を巡ったり楽しみ方はたくさんあります!!しかし!!それだけではありません(*´`*)!!

■猫の楽園!!

哲学の道で忘れてはいけないのが、猫!!要所要所にたくさんの猫たちが…!!!

思い思いにくつろぐネコさんたち。なにか哲学的なことを思いふけっているのかもしれません…

喫茶店の廃墟に住み着いているネコさんもいるようです!!

■増えすぎたことによる問題も…

哲学の道のマスコットになりつつある猫さんたち。しかし、「たくさんの猫がいるから…」とここに捨てられる猫もいるそう…猫に限らず動物を捨てることは犯罪です。たくさんの猫がいるからというのはなんの理由にもなりません。
そしてどんどん増えていく猫さんたちに周辺の住民たちの意見も様々。

「ごはんをあげないとかわいそうだ」という意見や、「残飯が腐ったニオイなどが気になる」という意見。他にも排泄物のニオイなどの問題も…地域の癒やしとして人懐っこい猫が『可愛い』という共通する気持ちはあるものの、相容れない意見があるのも事実です。

観光に訪れた際も、無責任にエサをあげたりはせず、可愛いなぁと優しく見守ってあげてください。人間の食べ物も絶対にあげないでください。その時は食べても、後で吐いたりすることもあります。猫さんの健康面でも、地域の方への配慮の面でも無責任な行動は絶対にNGです!!

美ネコで人懐っこい猫が多いとウワサの『哲学の道』!!これからの季節、紅葉と猫を楽しみにマナーを守って訪れてみてはいかがでしょうか♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です