猫の関節炎、軽く見ていると大変なことになる?猫の関節炎の原因と症状、予防について

愛猫が最近あまり遊びたがらない、お気に入りだったキャットタワーに登らなくなる…そんな症状があったらそれは関節炎のせいかもしれません。

猫は痛みや不調を隠す傾向があり気がつきにくい、歳をとっておとなしくなったからという飼い主さんの思い込みなど、関節炎は重症化するまで気がつかないまま進行してしまうこともある病気です。

猫の関節炎ってどんな病気?

関節でつながっている骨の表面は軟骨で覆われています。

軟骨は衝撃を吸収しスムーズな動きを助ける働きをしていますが、軟骨がすり減ったり表面の滑らかさを失ったりすることで炎症を起こしてしまう状態を関節炎と呼んでいます。

猫の関節炎、どんな猫がかかりやすい?

関節炎は老猫や肥満した猫がかかりやすい病気です。

年齢を重ねることで軟骨がすり減ったり、太っていることで関節によけいな負担がかかるためですが、スコティッシュフォールドのように骨の変形が見られる猫種も関節炎になりやすいと言われています。

猫の関節炎、どんな症状がでる?

関節炎になると炎症を起こしている部位を動かすたびに痛みが生じます。痛みのある部位を動かす動作をしなくなることから体の動きに変化が出てくるでしょう。

以下のような症状が見られたら要注意です。

  • 全体の動作がぎこちなくなる
  • 立ったり座ったりすることをためらう
  • 足を引きずる、ケンケンをするように一本の足を持ち上げたまま歩く
  • 走らなくなる、高いところに登らなくなる、ジャンプをしなくなる
  • 体を触られるのを嫌がるようになる

関節炎になると常に痛みを感じているため元気がなくなる猫が多いですが、痛みのせいで神経過敏になり攻撃的になったり警戒心が強くなってしまうこともあるでしょう。

痛みによるストレスから食事を食べなくなってしまうこともあります。食べないことで一気に衰弱してしまうこともあるので特に注意が必要です。

猫の関節炎、どんな治療をするの?

根本的な治療は外科手術しかありませんが、動物の場合、手術が非常に困難なのであまり一般的ではありません。

痛みや炎症を抑えるための投薬や、コンドロイチンやグルコサミンなど軟骨保護効果があるサプリメントの投与などが主な治療法になります。

猫の関節炎、予防や家でできるケアは?

関節炎の予防に大切なのは、肥満にしないことと適度な運動による筋力の維持です。

肥満防止には食事管理が大切になってきますが、注意したいのはタンパク質の量です。タンパク質の少ない食事では筋力を維持できないので、適度な量のタンパク質が含まれる食事を選んであげてくださいね。

運動も大切ですが、最近の住宅に多いフローリングの床は関節への負担が大きいです。運動させる時はできる限り畳やじゅうたんなど衝撃を吸収してくれる床材の上で行うようにしましょう。

高いところから飛び降りることも関節への負担が大きいので、猫がよく飛び降りる場所にクッションやマットを敷いておくとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です