猫がたくさん水を飲む時に注意したい病気とは?

「特に暑いわけでもないのに、急に水をたくさん飲むようになった」「水をたくさん飲み、おしっこの量が増えている」こんな時は、猫の体に異変が起きているサインです。

加齢と共になりやすい病気が隠れていることがあるのです。普段から、猫が飲む水の量に注意すると共に、異変に気づいたら、早めに動物病院を受診しましょう。

猫の飲む水の量が増えることは病気のサイン

もともと、猫が飲む水の量は少なく、体重1kgあたり40ml程度と言われています。

猫の祖先は砂漠で暮らしていたこともあり、たくさんの水を飲まなくても生きていける体を持っています。現代の猫は、ドライフードかウェットフードか、など食生活によって飲む水の量は異なりますが、やはり明らかに飲む水の量が増えたと感じた時は注意が必要です。

1日に飲む水の量が体重1kgあたり90ml程度になった時、つまり通常の倍以上になった時は、なんらかの体の異変が考えられます。

水の飲みすぎによって、おしっこの量にも変化がある場合、それは病気のサインである可能性が高いのです。

ただし、飲む水の量が増えたからといって、急に水を減らさないように気をつけましょう。おしっこの量が増えている場合は脱水症状を起こしてしまう危険があります。

早めに動物病院を受診するようにしましょう。

高齢の猫に多い慢性腎不全

猫が飲む水の量が増えた際に考えられる病気のひとつに慢性腎不全があります。高齢の猫になると、腎臓の機能が低下し、慢性腎不全は代表的な病気のひとつになります。

猫が飲む水の量が増えたと感じた時は、腎臓の機能が低下し、体重が減少したり貧血を起こすといった症状が出ることがあります。

慢性腎不全になった場合は、その進行をできる限り遅くするために食事療法などを獣医と共に行う必要があります。一方で、急激に腎臓の機能が低下してしまうものが急性腎不全と呼ばれ、急激に症状が悪化するため、命に関わる病気です。

猫の飲む水の量が増えたことと共に、体重減少や元気や食欲がなくなるなど、いつもと違う症状が出た場合には腎臓の機能が低下していることも考えられるのです。

様々な原因で起こる猫の糖尿病

猫の加齢と共になりやすい病気には、慢性腎不全の他にも糖尿病があります。糖尿病も、飲む水の量が増え、おしっこの量も増えるという症状があります。

先天性の糖尿病もありますが、肥満やストレスが原因になっている糖尿病が多く、いつのまにかたくさん食べるようになっていたと気づくこともあります。

糖尿病の場合は、血糖値のコントロールができるようにインスリン注射が必要になります。

しかし、糖尿病になった原因が肥満やストレス、または何らかの病気であった時は、注射が必要なくなることもあります。

定期的な検査と治療が必要になる病気です。その為にも、猫が飲む水の量、食事の量、おしっこの量など、細かくチェックすることが大切になるのです。

普段から飲む水の量をチェックすること

猫にとって「多飲多尿」というものは、重大な病気のサインである可能性が高いものです。

加齢と共に病気になる可能性も高くなります。水を飲む量をチェックしておくことで、病気の早期発見につながることもあるのです。

腎機能の低下や糖尿病だけでなく、ホルモンの異常や腫瘍、ガンなどが他の病気が見つかるケースもあります。猫の様子に変化があった場合は、すぐに動物病院を受診しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です