命の危険も!?猫の熱中症の症状・原因・治療法について

梅雨も開け、これから夏本番。そして毎年暑さの記録は更新され、猛暑がすぐそこまで来ていますが、これからの季節は愛猫の熱中症対策が必要です。

特に猫の場合は活発に動き回る生き物、いつどこにどんな危険が潜んでいるかもしれません。今回はそんな猫の熱中症と対策についてご紹介しましょう。

猫の熱中症の症状には一見熱中症と分からない症状も

猫が熱中症になってしまうと、口を開けてハァハァと呼吸をしたり、よだれを口から流したりします。

さらに、目や歯茎などの粘膜が充血してしまい、吐き気や嘔吐、下痢などをして倒れてしまうことがあります。

日中、よく隠れて過ごす猫だとハァハァしている息づかいなどが見えず、下痢や嘔吐だけを見て、熱中症ではなく他の病気を疑ってしまうこともあります。

さらに熱中症が進行してしまうと、失神、筋肉の震えが見られるようになり、意識が混濁し、痙攣発作を起こしてしまうこともあります。

吐血や下血、血尿などの症状も見られるようになり、最悪の場合にはショック症状を起こし、命に関わることもあります。

特に注意すべき猫たち

猫の中でも、普通の猫よりも熱中症にかかりやすい猫たちが居ます。

子猫や老猫は特に体力がなく、体の生理機能が100%で機能していないので体温調整が上手くできず、暑さに非常に弱く熱中症にかかりやすい傾向にあります。

さらに、ペルシャ猫などの鼻の短い短頭種の猫は体の構造上、呼吸がそもそも行いにくく、熱中症にかかりやすい品種と言えます。

さらに、肥満気味の猫は皮下脂肪がついている分、体に夏がこもりやすく心臓への負担も大きくなっています。

極度に太った猫でいえば、首回りについた脂肪が期間を圧迫してしまっていたり、内臓脂肪で胸部が狭くなっていたりして呼吸機能が低下しており、体温調整が難しくなっていることがあります。特にこれらの猫は注意が必要です。

猫だからこそ起こりうる危険

猫の熱中症が起きやすい大きな要因に、猫ならではの危険があります。熱中症は急激に体温が高くなり、正常な体温を保てなくなることで発症する病気です。

猫は本能から暖かいところを好む習慣があり、クーラーの効いた家の中であっても猫だからこそ危険な事故も起こりやすくなっています。

例えば、クーラーの効いた部屋で日向ぼっこをしようと愛猫が暖かい場所を探します。

いくらエアコンが効いていても、直射日光のあたる日向で日向ぼっこを行った場合、光によって急激に温度は温められてしまい、猫にとっては危険です。

さらに、事故などで狭い場所に閉じ込められてしまい、身動きの取れない状況で空間内の温度が上がってしまうのも熱中症になってしまう原因です。

家の中でも猫にとっては危険な箇所はいっぱいです。普段から猫の視線で危険がないかを確認し、対策を行うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です