意外に多い『猫の歯周病』。知っておきたい原因と予防、対策まとめ

実は、猫には虫歯がありません!しかし、猫も人間と同様に、歯周病になります。
現在では、ペットは家族同然として扱われており、動物保険も各種商品化されています。その保険加入条件に『歯周病の有無』を問われる事があることをご存知でしょうか?そこで、この歯周病について、予防・対処法等を知っていただきたいと思います。

猫の歯周病の原因

歯周病は歯磨きを行わないことにより、発症します。
一般的に多い勘違いが、「猫にカリカリのご飯を与えておけば、歯にとって歯磨きの役目もしてくれる」というものです。また、猫に歯磨きをするというのも、いまいちピンとこない人が多いのではないでしょうか。
しかし、歯がある以上、猫も歯磨きが必要なのです。

歯周病の症状

歯周病は歯ぐきからの出血や口臭など、また歯茎が炎症で赤くなっていることで、判断できる場合が多く、その症状としては、歯肉炎から始まります。

猫に歯磨きが必要というのは、あまり一般的な考えとなっていませんが、実は猫にも歯磨きが必要なのです。動物病院などで指導があれば良いのですが、教えてくれる病院は少ないものです。
歯磨きをしないことにより、歯石が出来て、歯肉に炎症を起こすことが多い状態にあります。
歯周病が進むと歯が抜けやすくなり、やがては食事に支障を来すこともあります。

歯周病の予防と対策

猫の歯磨き用に歯ブラシと歯磨き粉があるのを知っていますか?

歯ブラシは子ども専用の小さい歯ブラシと変わりありません。歯磨き粉は、猫の好きな味になっており、ツナ缶のような味の物があります。
歯周病の予防として、この歯磨きが重要なのです。

歯周病になってしまったら

もし、歯磨きを怠って、歯周病になってしまっていても、手遅れということはありません。

最初は嫌がるかもしれませんが、歯茎を見て赤いようならば、既に炎症を起こしています。犬猫病院にも歯科はありますが、保険に加入していない猫、もしくは加入していない病院だと高い治療費を払うことになってしまいます。
その事を考慮し、動物病院では歯石のみの除去をしてもらい、歯周病は毎日ケアする事で良くなっていきます。
毎日、歯磨き粉を使い歯ブラシ、もしくは、人の指の腹を使い、マッサージをすることで炎症が治まっていきます。

まとめ

猫のご飯として、カリカリのドライフードや、猫缶などの柔らかいものまで、一概にご飯といえども種類は多岐に渡っています。どのような内容の食事でも、人間同様に歯は生きていく為にとても大切です。
その大切な歯をいつまでも使えるようにしてあげるのが、飼い主としての役目だと思います。
そこで、猫の歯磨きと歯茎のマッサージをしっかり行うことで、歯周病から守ることが出来ます。
ここは、面倒くさがらずに、しっかりと歯のケアをしてあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です