猫がコードをかじって感電!?猫が感電した場合の応急処置と予防方法

家の中で使う家電の数が増えたことに比例して、多くの家庭では電気コードの本数も増えてきています。もしかしたらあなたの家のコンセントもたこ足配線になっているのではないでしょうか?

この状況、火事も心配ですが、ペットがコンセントや電気コードで感電する事故の危険性もはらんでいます。

アニコム損害保険のアンケートによれば、ペットの事故の多くはリビングルームで起きているのだそうです。

今回はペットの感電事故とその対策についてご紹介しましょう。

猫が感電しているかどうか判断するには?

まず猫が感電したのかどうかの判断が必要でしょう。倒れた猫の近くにコンセントや電源コードがないかチェックしましょう。

チェックする際、猫がコードにまだ接触しているようなら直接触れるのは避けましょう。

また、口元や脚など感電元に触れた可能性のある場所にヤケドがないかどうかチェックしてみるのも大切です。場合によっては口から泡を吹いている場合もあるかもしれません。

猫を助ける前に安全確保

猫を助ける前に飼い主さんの安全を確保するのを忘れてはいけません。感電元に接触したままの状態の猫に触ると飼い主さんも感電する可能性があります。

皿洗いなどに使用するゴム手袋があれば手にはめた上で、コンセントからコードを抜きます。

コンセントに直接爪が引っかかっているような場合は、まずブレーカーを落として家の中の電源をシャットアウトしましょう。

手が濡れている場合は必ず水を拭き取ってから作業してください。

感電した猫への応急処置

応急処置の方法は猫の症状によって変わります。

ぐったりしているようなら、まず安全な場所に移動させて意識があるかどうか確認しましょう。

意識がある場合は身体をチェックし、眼に見える場所にヤケドがあるようならその部分を水やウェットタオルで冷やしましょう。

意識がない場合は心拍をチェックしましょう。もし飼い主さんに心肺蘇生術の心得があれば施術してみます。経験がない場合は心肺蘇生術に時間を掛けるより病院に運んだ方が良い場合もあります。

いずれにせよ一刻も早く病院に連れて行きましょう。意識がない場合は獣医さんに予め連絡を入れ状況を伝えた上で救急扱いしてもらえるよう依頼しておきましょう。

感電した猫の予後

感電の場合、外側からは見えなくても通電した部分がヤケドを負っている可能性があります。獣医さんでヤケドを良く診てもらうのは言うまでもありませんが、同時に何日かは猫の様子を詳細にチェックすることが大切です。

感電した猫の場合、数日後に肺に水が溜まる肺水腫になる可能性があります。またコードを口にくわえて感電した場合には脳や神経に異常が出る可能性もあるのです。

少なくとも1週間は猫をなるべく安静にし、飼い主さんも可能な限りそばに居てあげるようにしましょう。

感電を予防する方法

不幸な事故を防ぐにはやはり事前の安全対策が大切でしょう。人間の赤ちゃん用に売られているコンセントカバーをコンセントに付けましょう。

また電源コードにはカバーをしたり、市販のケーブルオーガナイザーやケーブルカバーを使って整理しておくと良いでしょう。

床がカーペットであれば同じ色のカーペットを細長く切って両面テープでコードの上に貼っておくと安全です。

感電は飼い主さんの心掛けで防げます

健康な猫なら感電しても死ぬことは少ないと言われていますが、通電した場所や通電時間によっては命を落とすこともあります。

子猫や高齢猫の場合はなおのこと、死に至るリスクが高いと言えるでしょう。事故は起きてからでは遅すぎます。可愛い猫を不慮の事故で死なせることのないよう充分な安全確保が望まれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です