猫ヘルペスウイルス感染症の症状、原因と治療方法について

野良猫の中に鼻水と目やにで顔がくしゃくしゃになっている猫を見かけることがありませんか?

いかにも可哀そうな風貌ですが、その猫は猫ヘルペスウイルスに感染している可能性があります。

猫ヘルペスウイルス感染症は感染力の強い病気ですので、もし飼い猫に鼻水や目やにが見られたら、すぐに病院に連れて行く必要があります。

今回は猫ヘルペスウイルスとそれによって引き起こされる感染症についてご紹介します。

猫ヘルペスウイルス感染症とはどんな病気?

猫ヘルペスウイルス感染症は猫ヘルペスウイルスというウイルスが原因で起こる疾患で、鼻炎や結膜炎、気管支炎などを発症するため「猫ウイルス性鼻気管炎」とも呼ばれています。

ウイルスに感染すると2日~10日の潜伏期間を経て発熱、食欲不振、鼻水、結膜炎、口内炎、流涎、咳などが起こります。

悪化すると肺炎やウイルス血症になって流産、失明など深刻な症状を引き起こし、死に至る場合もある怖い病気です。

猫ヘルペスウイルスの感染ルートは?

猫ヘルペスウイルスはウイルスに感染した猫との接触によりうつります。

感染した猫の涎、鼻水、くしゃみなどに触れたり、猫同士のグルーミングや食器の共有などによっても感染します。

また、感染した猫に触れた人間が媒介してウイルスをうつすこともありますので、家に猫がいる場合に外猫を気軽に触るのはリスクを伴うことを理解しておきましょう。

猫ヘルペスウイルス感染症の治療方法は?

猫ヘルペスウイルスを撃退する特効薬はありませんので、治療する場合は対症療法になります。

治療は猫ヘルペスウイルス感染症で発症する口内炎、咳、結膜炎、気管支炎などを防ぐために抗生物質を投与することが多いようです。

猫ヘルペスウイルス感染症は猫自らの力で自然治癒するのを待つ以外にありませんが、治癒力を高めるために充分な栄養を摂らせ温かくした上で安静にすることが大切です。

場合によっては免疫力を高めるためにインターフェロンを投与することもあります。

猫ヘルペスウイルス感染症を防ぐ方法はあるの?

猫ヘルペスウイルス感染症は「三種混合ワクチン」で防ぐことが可能ですが、猫ヘルペスウイルスには種類がいくつかあるため100%感染を防ぐことはできません。

ただし、ワクチンをしておけば感染しても比較的症状が軽いと言われています。

ワクチンは生後9週目と12週目に2回行い、1年後に追加で接種することが多いようです。

室内飼いの猫の場合に限っては2年目以降は3年毎の摂取で良いと言われています。

猫ヘルペスウイルス感染症は飼い主さんの管理で防げます

猫ヘルペスウイルス感染症は癌や心臓病と違って、予防接種や室内飼いの徹底で防ぐことができる病気です。

猫好きな人は外でも猫に触りたくなることが多いと思いますが、自宅に猫がいる場合は自宅の猫に触る前に手を洗う、着ている洋服を脱いで洗うなどの気遣いが猫を病気から救えることを覚えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です