いつもぐったりして疲れている猫に重病の可能性! 猫の重症筋無力症の症状・原因・治療法

「猫がいつもふらふらと歩いている」「食べるのが極端に遅くなった」「体に力が入らないみたい」…そんな症状が出たら、重症筋無力症の可能性があります。

重症筋無力症は人間の場合だと難病に指定される治療困難な病気ですが、犬や猫にも発症する病気なのです。

病気の存在が知られていない上に他の疾患の症状と間違われることも多く、病気の発見自体が難しい病気です。

今回は猫の重症筋無力症についてご紹介しましょう。

重症筋無力症とはどんな病気なの?

重症筋無力症とは、神経からの信号が筋肉に伝わらず筋肉疲労や脱力が起こる病気のこと。

脳から筋肉への指令は神経を伝わって末端神経まで行き、そこで「アセチルコリン」という物質に変わって筋肉への信号になります。

この信号は通常は筋肉側にある「アセチルコリン受容体」で受け取られ、筋肉に指令となって伝わります。

しかしながら「アセチルコリン受容体」が自己の免疫システムに攻撃されて壊れてしまうと「アセチルコリン」を充分に受け取ることができなくなり、全身の筋肉の動きが鈍くなります。これが重症筋無力症なのです。

重症筋無力症の症状とは?

重症筋無力症にかかると疲れやすくなり、後脚で体を支えられなくなって歩く際も長続きしなくなります。

また食事のスピードが遅くなったり、常に眠そうな表情になるのも特徴です。

症状が進行すると体重が支えられなくなったり、食道が運動機能を失って巨大食道症になり、食べたモノが逆流して気管に入ることで起こる嚥下性肺炎になることもあります。

こうした症状は猫を死に至らしめる場合もありますので、しっかりした治療が必要です。

重症筋無力症の原因とは?

重症筋無力症の原因には遺伝による先天的な発症のケースと免疫疾患による後天的な発症のケースがあります。

猫の場合、胸腺腫を始めとする腫瘍、薬剤によって発症することもあります。

重症筋無力症の診断

猫の過去の病歴と検査を総合的に判断して病気を特定します。検査には血中の抗アセチルコリン受容体抗体の濃度を測る検査や、エドロホニウム投与試験という検査が行われます。

重症筋無力症の猫の中には発症していてもこれらの検査で陰性と判定されるケースもあり、判断が難しいところです。

しかしながら、検査の中には猫に身体的負担がかかる検査もあり、追加で検査をするかどうかは獣医さんとの充分な話し合いが必要でしょう。

猫の重症筋無力症は、腫瘍が原因となっているケースもありますので、レントゲンなどで腫瘍の有無を調べる場合もあります。

重症筋無力症の治療

治療はステロイド剤で免疫システムを抑制すると同時にピリドスチグミンなどの薬剤を使用し、アセチルコリン分解酵素を抑制することで行います。

しかしながら、ステロイド剤には筋肉の働きを弱める副作用がありますので、投与の量や期間については継続的な診察や検査で慎重に判断しながら調整していくことが必要です。

適切な治療を行えばこの病気は寛解しますが、二次的に起こる巨大食道症は治らないことも多く、誤嚥から肺炎を引き起こす危険があります。

食事の際には食べ物を入れる器の位置を高くして逆流を防ぐとともに、食後20分位は横にならないよう抱いていた方が良いでしょう。

病気の存在だけでも知っておきましょう

この病気は症状が表れても他の疾患との違いが見極めにくく、知らないうちに病状が進行する可能性の高い病気です。

発症割合もそんなに多くはないため、ほとんどの飼い主さんは病名すら知らないのではないでしょうか。

多くの猫が罹る病気ではありませんが、猫にもこういった病気があることを頭の片隅にでも覚えておき、似たような症状が出た時には可能性のひとつとして思い出してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です