ねこの便秘は重病のサイン?猫の便秘に関する病気の症状・原因・治療法について

猫の便秘は命に関わる病気のサインとなっていることが多いですが、それにもかかわらず見過ごしてしまうことの多い症状と言えるでしょう。その原因として、意識的に排泄の頻度を見ていなければ気付きにくいという点があります。

ここでは猫の便秘が示す病気のサインをご紹介します。

腸閉塞

腸閉塞は様々な病気を併発してしまうリスクの高い病気です。

その原因も様々で、絶対に放置してはならない病気のひとつと言えるでしょう。

猫がお腹の付近を触られるのを嫌がるような素振りを見せたり、便秘に加えて嘔吐するようになった場合には腸閉塞の可能性が高いので獣医師に相談するようにしましょう。

原因

最も多い原因は異物を飲み込んでしまうことです。

異物が腸を塞いでしまっていることが原因なので、異物を取り除いてあげなければ治りません。また腸の中にできた腫瘍が原因であることもあります。

腸閉塞の治療には手術が必要になる場合が多いので、早急に対処しなければなりません。放置している期間が長くなっていると、腸の一部が壊死している可能性もあります。

早めに獣医師の診察を受けましょう。

対処

基本的には猫が異物を飲み込んでしまうことのないように配慮してあげることが最も効果的です。

布の切れ端や糸、紙類などがその代表的なものなので、放置されたままにならないように気を付けてくださいね。

脂肪肝

脂肪肝は下痢や便秘といった排泄関連の症状からサインが示されます。

ただ排泄関連の症状は初期症状として表れるもので、症状が重症化してくると意識に障害や痙攣等の症状が表れることも。便秘は初期症状なので早めの対処が重要です。

原因

脂肪肝という名称から脂肪の多い食事を取ることが原因と考える方が多いと思いますが、実はそれが原因ではありません。

主な原因は栄養バランスの悪い食事や糖尿病等によってホルモンのバランスが崩れていること。早急に対処してあげましょう。

対処

猫用のキャットフードは猫のために作られたものなので栄養のバランスはほぼ完ぺきです。

そこで注意しなければならないのは食事の量です。猫がたくさん食べたがるからといって食事を与えすぎないようにしてください。

栄養の仕組みは、水溶性であれば栄養が超過しても体外に排出されますが、非水溶性のものは排出されません。猫の体重に合わせた食事量を徹底してください。

まとめ

猫の便秘の症状はほとんどが消化器系の病気につながります。

消化器系が正常に機能しなくなってしまうと生命維持を行うことができなくなってしまい、最悪の場合は命に関わります。

早めに気付いてあげられるように注意深く見てあげてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です