猫のインフルエンザ。猫カリシウイルス感染症の症状・原因・治療法について

「猫カリシウイルス感染症」という病気を知っていますか?

なんだか小難しい名前ですが、猫にとってはかなりメジャーな病気です。

症状や感染力の強さがインフルエンザに良く似ているので「猫カゼ」もしくは「猫インフルエンザ」とも呼ばれることがある病気です。

猫カリシウイルス感染症の症状

  • 40度以上の高熱
  • 鼻水・くしゃみ
  • 目ヤニ
  • 口、舌、鼻に潰瘍
  • 大量ヨダレ・水泡
  • 食欲不振
  • 口内炎

以上が猫カリシウイルス感染症の主な症状になります。

猫インフルエンザと呼ばれるだけあって、症状もいくつか被っていますね。猫カリシウイルスと同様「猫カゼ」という異名を持つ「猫ウイルス性鼻気管炎」とも症状は似通っています。

両者の違いと言えばカリシウイルスには口内炎・舌炎といった口内異常が多くみられることくらいでしょうか。

猫カリシウイルスは猫ウイルス性鼻気管炎と比べ症状が重篤化することは少ないですが、肺炎をこじらせてしまうと死亡してしまうことがあるので注意が必要です。

猫カリシウイルス感染症の原因と感染ルート

名前のとおり、猫カリシウイルスの原因は「ネコカリシウイルス」と呼ばれるウイルスです。感染経路は主に空気感染(くしゃみ)と、接触感染(皮膚や衣服)などです。

このウイルスは乾燥状態が大好きで、ベストな環境では3週間~4週間も生存することが確認されています。

猫カリシウイルス感染症になりやすい猫

猫カリシウイルスは主に子猫が発症する病気です。

特に生後6週間~10週間の免疫力の低い猫が発症しやすく、逆にそれ以上の猫は例えウイルスに感染しても、軽い症状か症状自体があらわれない(不顕性感染)場合がほとんどです。

加えて一度感染・発症した猫はカリシウイルスへの免疫が付くので、完治後再び発症することはないでしょう。

ただし他の猫への感染源となってしまう恐れがあるので油断をしてはいけません。

猫カリシウイルスの治療法

猫カリシウイルスを直接攻撃して撃退する作用のある薬はありません。

インターフェロンを投与して免疫力を高めたり、抗生物質や点滴といった各症状に対応した治療(対症療法)を中心に行なっていきます。

大抵は1週間~2週間で症状は治まりますが、肺炎をこじらせてしまい重症化してしまうと治療の施しようがなくなってしまうこともあります。出来るだけ早い治療が必要でしょう。

猫カリシウイルスの予防は手洗いとワクチンです

猫カリシウイルスはワクチンを接種することで予防可能です。

また他の猫を抱っこした後、愛猫を触れるだけでも感染してしまう恐れがあるので、野良猫や他の家の猫に触った後は必ず手を洗い、服を着替えてから愛猫に近づくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です