瞼が引っくり返ったまま戻らない? 猫の眼瞼内返症の症状・原因・治療法について

猫の眼瞼内反症はこんな病気

眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)という病名はあまり聞き慣れませんよね。

しかし症状はいたって分かりやすく名前のとおり、瞼(眼瞼)が内側にひっくり返ってしまう(内反)症状のことです。

内側へいってしまった瞼と、眼球が接触してしまうので、痛みや違和感を伴い場合によっては手術しなければならないこともある病気です。

猫の眼瞼内反症の症状

眼瞼内反症になると、反り返ってしまった瞼によって眼球が刺激され

・目ヤニ、涙が多くなる
・まぶたが痙攣する
・光をまぶしがる

といった症状が発生します。また刺激によって角膜炎・結膜炎といった他の病気も併発するリスクが非常に高まります。

さらに罹病した猫は、痒みから目を頻繁に掻くようになり、眼球を傷つけてしまう恐れもあります。さらに傷により感染症になってしまうこともあるので、注意しなければなりません。

具体的には

・角膜潰瘍
・角膜穿孔

といった病気の原因になります。

猫の眼瞼内反症の原因

眼瞼内反症は生まれつき瞼が長く、余った皮膚が内側に入ってしまう一次的・先天性のある要因と、他に病気によって引き起こされる二次的要因に分けられます。

二次的要因の具体例としては

  • 老化による皮膚の弛み
  • 逆さまつげ
  • 慢性の結膜炎・角膜炎
  • 眼球周辺の皮膚病

といったものです。

二次的要因についてはどの猫にも起こりうることですが、一次的な要因は特に「ペルシア」や「ヒマラヤン」といった猫に多くみられる傾向があります。

猫の眼瞼内反症の治療

逆さまつげや、他の皮膚病などにより発症している場合は、それらの原因を治療すれば眼瞼内反症も治ることがあります。

基礎疾患の治療と並行して、まぶたの仮縫合や医療用のボンドを用いて内反を矯正する必要があります。

それでも治らない場合、手術によってまぶたの形を整えなければいけません。

完治しないということはありませんが、内反の程度によっては一度だけでなく数回手術をする必要もあるでしょう。

先天的な眼瞼内反症の場合は、症状が軽ければ、角膜炎・結膜炎が起こったときに、随時対処していくという対症療法がとられます。

ただし重症な場合はまぶたの形自体を整形しなければならなくなるでしょう。

眼瞼内反症を放置してはいけません

眼瞼内反症は放っておいても自然治癒しません。結膜炎・角膜炎が悪化しないよう、愛猫が目を気にする仕草をしていたら、なるべく早く動物病院で診察を受けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です