猫に多い耳の病気『外耳炎』『耳介血腫』の症状・原因・対処法

猫に限らず、ペットが耳をかく行為は頻繁に見られる行動の一つです。幼いころからよく見られる行動なので、飼い主があまり気にせずに、注意しなくなってしまう傾向にあります。

ただそれを放置してしまうと、重症化するリスクを高めるということを忘れてはいけません。

猫が耳をかく仕草が頻繁に見られるということは、外界と接する構造をしている耳が病気になりやすいことを示唆していると考えてください。

ここでは耳をかく猫の仕草がサインとなっている病気をご紹介します。

猫の外耳炎

耳の病気の中で最も多いのが外耳炎です。猫が耳を痒がる仕草を見せたら外耳炎である可能性が最も高いので、気にかけてあげましょう。

外耳炎の症状は耳の中が赤く腫れるというもの。目視によって発見できるので比較的発見しやすい病気といえます。

外耳炎の原因

外耳炎の原因のほとんどは異物が入り込んでしまうことです。

ダニ等の寄生虫や埃等のごみが入ってしまっているので原因を取り除かなければ治りません。またアレルギーによる原因で症状が表れている可能性もあります。早急に対処しましょう。

外耳炎の対処

症状が悪化しすぎていなければ塗り薬を塗ってあげることで治すことができます。

ただ症状が進行してしまうと簡単に治すことが難しくなるので、初期段階のうちに治療を行うようにすることが重要です。猫の仕草から察知してあげてくださいね。

猫の耳介血腫

耳介血腫は耳の中の軟骨が何らかの原因で潰れてしまったり、折れてしまうことによって発症する病気です。

症状としては耳の中で出血が起こり、耳の違和感によって耳をかく仕草を頻繁に見せるようになります。

命に関わるようなものではないですが、放置していると耳が変形し、聴力に異常が表れることがあるので早急に治してあげましょう。

耳介血腫の原因

耳の痒みを気にして猫が耳をかく仕草が頻繁に見られるようになると、耳の中を傷つけてしまいます。

これによって耳の中の軟骨を傷つけてしまい、耳介血腫に発展するのです。

これを放置してしまうと耳から膿や血が垂れてくるようになり、治療の期間が長引くようになります。耳は非常に大事な器官です。しっかりと治療させてあげましょう。

耳介血腫の対処

まずは病院に連れていき、医師の診察を受けさせてあげましょう。それによって適切な治療を受けられるので、患部の症状を緩和させられます。

耳介血腫は外科的な側面が強いので、正しく治療を行わずに自然治癒で治すことが難しいです。獣医師に相談しましょう。

まとめ

猫が耳をかく仕草は、単なる習慣で猫が行っているわけではなく、何らかの原因があるために行っている仕草であることを覚えておいてください。

耳をかく仕草が見られたらすぐに止めさせ、病院に連れて行ってあげてください。早めに病院に連れて行ってあげれば完治までにかかる期間が短くて済むのですぐに対処してあげてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です