猫がかかりやすい目の病気『緑内障』と『角膜炎』の症状・原因・対処法まとめ

猫に限らず、目は体の中で最も大事にしたい部位の一つ。

猫は視力に秀でた動物ではないのですが、それでも、視界にうつっているものはしっかりと確認できています。

猫の目を守ってあげることは飼い主の責任の一つなので、猫が目の異常を示すサインを見せていたらすぐに獣医師に相談してあげましょう。ここでは猫の目の病気をご紹介します。

緑内障

猫の目の病気の中で最も危険なものの一つである緑内障。症状が進行して重症化してしまうと、失明することもあるので絶対に治してあげなければなりません。

症状としては目が充血していたり、目に痛みが生じたりといったものが挙げられます。目を気にする素振りに敏感に反応してあげましょう。

猫の緑内障の原因

緑内障は外傷が原因となるもの、内科的な原因によって発症するもの、先天的なものが原因で発症するものがあり、原因を特定して予防することが非常に難しい病気と言えます。

そのため、病気の予防よりも、発病した際に早急な対応をとることのほうが、より重要となります。

猫の緑内障の対処

目の病気のほとんどは目の充血によって判断できます。

目が充血していてさらに目を気にする素振りを頻繁に見せていたら、目の病気にかかっている可能性が極めて高いので、すぐにでも病院に連れて行ってあげてください。

初期状態のうちに治療を行えば問題なく治せるので、早めに受診させてあげるように心がけてくださいね。

角膜炎

角膜炎が重症化すると非常に危険です。最悪の場合は失明してしまう可能性があるので、早急に対処してあげなければならない病気と言えるでしょう。

ただ緑内障に比べて直接的な原因を特定しやすいので、治療・予防ともに行いやすく、猫の目の異常にいち早く気付いてあげれば問題ありません。

猫の角膜炎の原因

角膜炎は物理的に傷がつくことで発症するものと、ウイルスや細菌に感染することで発症するものの二つに大別できます。

また感染症によって発症している場合であっても、痒みを気にして目をかき、物理的に傷つけてしまってさらに悪化させてしまう場合もあります。

猫の角膜炎の対処

基本的な治療方法は、抗生剤や抗ウイルス剤を点眼によって投与することで症状を緩和させ、治療を行っていきます。

角膜炎の治療を初期段階のうちに行わないと角膜をさらに傷つけていってしまい、急速に症状を悪化させてしまう怖れがあります。早急に治療を行ってあげましょう。

まとめ

猫の目の病気は、基本的に猫の目の目視確認と猫の仕草の観察で見つけやすくなっています。

注意深く見てあげていれば問題なく発見できるので、猫の病気を意識的に発見できるような配慮を心がけましょう。

飼い主の責任として飼い猫の目の病気を早めに発見し、健康な状態を維持してあげてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です