人間以上に悲惨!猫の口内炎の症状・原因・治療法について

最近、愛猫が食事を摂らなくなったり、食べても少ししか食べなかったりしていませんか。もしくは食べたそうにしているのに食べるのが辛そうな様子が見られたら、口内炎を疑ってみるのがいいかもしれません。

猫も人間同様、口内炎を発症することがありますが、実は猫の口内炎は人間が思っている以上に悲惨で辛いものなのです。

今回はそんな猫に起こりやすい口内炎についてご紹介しましょう。

猫の口内炎の症状は人間とは全く違う

私たち人間も口内炎になると食事をするのが辛かったり、刺激物を避けたりしますが、猫の口内炎は私たち人間が思っているような口内炎ではありません。

猫が口内炎になると、よだれを垂らしたり、口臭がきつくなったり、痛みが酷くて口を開けられなくなります。そして、食欲不振になり、どんどんと痩せていってしまいます。

この時、猫の口の中ではどういうことが起こっているのかというと、口内炎の炎症が歯茎だけでなく、舌や喉にまで広がってしまっています。口の中の粘膜や皮がはがれたように真っ赤に腫れ上がり、炎症を起こしていることがあるのです。

口中に口内炎ができた状態では、さすがに食事も喉を通らないということです。

猫の口内炎が出来てしまう理由

愛猫の口内炎の原因は単に炎症しているものでなく、病気によるものもあります。

主な原因としては

  • 歯垢や歯石が蓄積することにより細菌が繁殖して炎症を起こしてしまうこと
  • 魚の骨や鱗が口内に刺さり炎症を起こしてしまうこと
  • ウィルス感染により免疫力が低下し出来てしまうもの
  • 重度の尿毒症を発症したことにより唾液中に尿素が拡散し口腔内の細菌が反応し炎症を起こしてしまうもの

などがあります。

さらには糖尿病の猫の免疫力が低下し、さらに余分な糖分に細菌が繁殖し口内炎を招いてしまったり、自己免疫疾患と呼ばれる病気の猫の免疫が歯茎を攻撃し、慢性的に歯肉炎を起こしてしまったりすることもあります

一口に猫の口内炎と言ってもその原因は様々でいくつかの要因が重なって発症することもあります。

猫の口内炎は治療が難しい

軽度の口内炎であれば、歯石や歯垢を除去すれば治ってしまう口内炎ですが、慢性型口内炎や難治性口内炎を発症している場合は治療をするのに時間を要します。

口内炎の治療であっても血液検査をしっかり行い、その原因となる病気の治療を行っていくことが完治するための方法になります。

口内炎の治療薬としては抗生剤やステロイド剤、抗炎症剤などの投薬による治療や抜歯などを行っていきます。

いずれの場合も長期戦になるので愛猫の体調に気をつけながら根気よく治療を続けていくことが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です