梅雨明け前から気を付けましょう! 猫の熱中症の症状・原因から予防・治療法

猫の熱中症はこんな病気

猫が熱中症にかかることは多くありません。なぜなら猫は家やその付近の涼しい場所を知っていて、そこに移動することによって熱から身を守っているからです。

しかし猫は人よりも体温調節が苦手なので、本来は人よりも熱中症にかかりやすい体質を持っています。

熱中症は重ければ後遺症が残ることもあり、最悪だと死亡することもあるので、飼い主がきちんと予防しなければならない病気なのです。

猫の熱中症の症状

猫の熱中症の症状は人とあまり変わりません。軽度の場合は

  • 呼吸が荒くなる(口で息をする)
  • 大量の涎が出る
  • 目や口の中が赤くなる(充血する)
  • 嘔吐、下痢
  • ふらつく
  • 脱水症状

といった症状がみられます。さらに悪化すると

  • 血便、吐血、血尿といった出血症状
  • 歯茎が青白くなる(チアノーゼ)
  • 失神
  • 痙攣
  • 麻痺
  • 血圧低下

などの重度な症状があらわれ、最悪の場合ショック症状を起こして死亡してしまいます。

猫の熱中症の原因

急激に体温が上昇することによって熱中症が発症してしまいます。

猫の熱中症は「密室に閉じ込められる」という状況で起こることが多いので、注意が必要です。

例えば留守番中にトイレや狭い部屋の中に閉じ込められてしまうと、熱中症にかかりやすい状況になってしまうのです。

熱中症になりやすい猫

どの猫でも熱中症になる可能性はありますが、その中でも特にペルシャ、ヒマラヤン、エキゾチックショートヘア等の鼻が潰れていて、鼻孔の小さい品種は体温調節がかなり苦手なので、熱中症になりやすい傾向があるようです。

またメインクーン、ノルウェージャンフォレストキャットなど体が大きい品種も、体の中に熱を蓄積しやすいので注意が必要です。

肥満猫も同じ理由で熱中症なりやすいでしょう。

猫の熱中症の治療

愛猫が熱中症にかかったら病院へ連れて行かなければいけません。さらに発見時の応急処置もとても重要です。

  • 涼しい場所に移動させる
  • 氷水をわきや首周辺に当てる
  • 水を霧吹き等で吹きかける
  • 濡らしたタオルで体を包む

といった処置をして猫の体温を39度程度まで下げましょう。

その後は動物病院で点滴等の治療が行われます。

梅雨明け前から熱中症対策をしましょう

家で密室になりそうな部屋をリストアップし、なるべくそこに猫を入れないようにしたり、水を絶やさないように気を付ける。

ドアが猫に開けられたり、閉められないように工夫するなど、熱中症の対策を夏を迎える前から行っておきましょう。

きちんと予防しておけば、熱中症は防げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です