猫も風邪をひく? 猫風邪の症状・原因・治療法について

猫風邪はこんな病気

猫も人と同じように風邪を引いてしまうことがあります。

ウイルス・細菌など病原体が様々なところも、症状が発熱や咳といったところも、人間の風邪ととてもよく似ています。

ただし猫風邪は人と比べると感染力が強い傾向があるので、油断しているとすぐに風邪をうつしてしまったり、逆にうつされてしまうことがある病気なのです。

猫風邪の症状

猫風邪の症状は病原体によって若干異なってきますが、大体は人間の風邪の症状と似通っています。具体的には、

  • くしゃみ
  • 鼻水
  • 結膜炎
  • 角膜炎
  • 食欲不振
  • 発熱

といった症状が現れます。

さらに症状が悪化すると肺炎・口内炎・関節炎といった全身に悪影響を及ぼす恐れがあります。

体力・免疫力が低い子猫や老猫は猫風邪にかかりやすく、症状が悪化しやすいので特に注意しなくてはいけません。

猫風邪の原因

猫風邪を引き起こす主な病原体は

  • ヘルペスウイルス
  • カリシウイルス
  • クラミジア
  • 細菌
  • マイコプラズマ

とされています。これらの病原体が複数合わさって猫風邪を引き起こしてしまいます。

特に生後数週間の子猫はヘルペスウイルスに感染しやすく、症状も悪化してしまう傾向があります。

潜伏期間は一週間前後。早ければ感染して二日で発症してしまうこともあります。

猫風邪の治療

「風邪程度で薬は飲まない、寝ていれば治る」と主張している人もいるでしょうが、愛猫の調子が悪そうだった時は病院へ連れていってあげて下さい。

症状が軽くても悪化してしまう可能性がありますし、正しく治療しなければ慢性化してしまう恐れもあります。

猫風邪の治療は抗生物質の投与を中心に行います。また合わせて猫の栄養状態を良くし、体力を回復させる必要があるので、食事などの環境の改善も行う必要があります。

獣医さんの指示に従って正しく治療に当たりましょう。

猫風邪の予防

普段から体力をつけておくこと。偏った栄養バランスの食事を与えないことなど、人の風邪予防と同じ感覚で猫風邪も予防してあげましょう。

猫風邪や人の風邪は他の動物には移りませんのでご安心下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です