猫も歯磨き必須です! 猫の歯周病の症状・原因・治療法について

猫の歯周病はこんな病気

歯周病とは「歯肉炎+歯周炎」の口内環境の悪化の総称です。

人にとってもとても馴染みの深い病気で、連日テレビでは歯周病予防の歯ブラシや歯磨き粉、うがい薬のCMが流れていますよね。

猫も人と同じように歯周病にかかってしまう動物です。歯周病は歯がボロボロになってしまう恐ろしい病気なので、しっかりと予防しないといけません。

猫の歯周病の症状

歯周病はまず歯肉炎からスタートし、徐々に状態が悪くなると歯周炎となり、最悪の場合歯が抜け落ちてしまうこともあります。

初期段階では

  • 口臭がきつくなる
  • 歯肉(歯ぐき)が腫れる
  • 歯肉からの出血

などが挙げられます。少々不快感がある程度で、猫の自覚症状もほとんどないでしょう。

しかし歯肉炎が悪化し、歯周炎になってしまうと症状が目に見えて悪化してしまいます。具体的には

  • 口臭がかなりひどくなる(吐き気を催す悪臭のことも)
  • 歯肉が減少し、歯が剥き出しになってしまう
  • 歯がぐらつく、抜ける
  • 嘔吐
  • 食欲不振
  • 副鼻腔炎を発症

といった重度の症状があらわれてしまいます。また確証はありませんが、心臓、腎臓、肝臓、肺といった臓器への悪影響もあると示唆されています。

猫の歯周病の原因

歯周病の原因は口内で繁殖する「細菌」です。

菌膜、歯垢、歯石といった細菌の温床を放置しておくと菌が繁殖し、「歯垢」と呼ばれる塊を形成します。これらの細菌により歯ぐきが炎症を起こしてしますのです。

また口内環境の悪化だけではなく

  • 口の中の傷
  • 免疫力の低下

によっても細菌の活動が活発になり、歯周病を引き起こしてしまうことがあります。

猫の歯周病の治療

初期段階(歯肉炎)の場合は洗浄液や歯磨きで口内を清潔にすれば症状は改善します。炎症がひどい場合は抗炎症剤や抗生物質を投与します。

また症状がひどくなったり、歯石・歯垢を取り除く必要がある場合は、猫に全身麻酔をかけそれらを取り除きます。歯のぐらつきが重度だと抜歯するケースもあるようです。

言葉が通じない猫の場合、口内の歯石・歯垢除去には全身麻酔は必須です。

麻酔に耐えられない猫などでは対処が非常に難しくなるので、特に気を付けて予防をしなくてはなりません。

猫の歯周病の予防

なんといっても歯磨きが一番の歯周病予防です。猫用歯ブラシや猫用歯磨き粉が市販されているので、ぜひ利用して下さい。

少なくとも毎日一回歯磨きをしていれば、歯周病のリスクはぐっと減ることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です