梅雨が明けたら要注意! 猫の日光皮膚炎について

猫の日光皮膚炎はこんな病気

猫の日光皮膚炎とは、日光に当たることで皮膚に炎症が起こってしまう症状のことです。

人でも皮膚の弱い赤ちゃんや子どもに見られる病気で、発症すると患部が脱毛したり、赤く腫れてしまうことがあります。

日光皮膚炎が直接的に命に関わる可能性は少ないようですが、炎症を起こした部位がガン化してしまう恐れもある病気です。

猫の日光皮膚炎が起こりやすい部位

猫の日光皮膚炎によって一般的に毛の薄い部分を中心に炎症が発生します。

耳の先端(特に裏側)、まぶたの下、鼻の表面、唇など毛が薄く日光に当たりやすい部分は好発部位なので特に注意が必要です。

猫の日光皮膚炎の症状

初期症状は軽い赤みやフケ、肌荒れ程度です。症状が進行すると、患部は真っ赤に腫れ上がってしまいます。

耳の縁などに発症すると黒いかさぶたで覆われ、耳の形が変形してしまうこともあります。

さらに長時間日光にさらされていたり、日光皮膚炎を発症したのが老猫だった場合、炎症がガン化し「扁平上皮ガン」を発症してしまう危険があります。

猫の日光皮膚炎の原因

ずばり、日光=紫外線が原因です。

白猫や色素の薄い猫は特に発症しやすい傾向があります。また三毛猫や黒猫でも耳の先は毛が薄いので油断は禁物です。

紫外線が多いのは春先~秋口までの期間です。この時期は熱中症と併せて日光皮膚炎の予防に意識を向ける必要がありそうです。

猫の日光皮膚炎の治療

症状を悪化させないために紫外線への露出を極力減らします。一般的な対策として、日焼け止めを塗ったり、部屋の窓をUVカット加工するといった方法があります。

炎症がひどい場合は抗生物質を投与し、引っかき傷があれば二次感染予防も行います。

また炎症が「扁平上皮ガン」と化してしまっているときは、なるべく早く外科手術を行い、患部を切除する必要があります。

適度な紫外線対策で日光皮膚炎を予防しましょう

太陽の光を浴びることは決して毒ではありません。むしろ太陽の光は私たち生物にとって欠かせない要素です。

過剰な紫外線を浴びないよう紫外線の強い時間帯(AM10時~PM3時)の日光浴は避け、猫が散歩に出るときは日焼け止めを塗るなどの対策をあらかじめとっておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です