肺炎・網膜炎などを引き起こす感染症。猫のクリプトコッカス症について

猫のクリプトコッカス症はこんな病気

猫のクリプトコッカス症はクリプトコッカスという真菌(カビ)が原因で引き起こす感染症です。

感染するとくしゃみや鼻水・咳といった症状がみられ、悪化してしまうと肺炎・網膜炎といった比較的重症な症状も引き起こしてしまいます。

さらにクリプトコッカス症は人獣共通感染症なので、人から猫、または猫から人にも感染してしまう恐れがあるので注意が必要な病気です。

猫のクリプトコッカス症の症状

クリプトコッカス症は肺・皮膚・目・鼻など感染した部位によって様々な症状が起こります。それぞれ確認していきましょう。

下部気道に感染した場合、肺炎を起こしてしまうことがあります。

鼻炎はクリプトコッカス症に感染した猫にかなり多くみられる症状です。クシャミや粘度の高いドロドロとした鼻水を頻繁に出しているようでしたら、風邪ではなく鼻炎を起こしている可能性が高いでしょう。
さらに鼻の周辺や、内部に特徴的なしこり(肉芽腫)が出来ることもあります。内部に出来てしまった場合、鼻の穴を塞いでしまい呼吸困難になることもあります。

鼻と同様目の周りにも、しこり(肉芽腫)が出来やすく網膜炎を引き起こし結果的に失明してしまうこともあります。

皮膚

皮膚にしこりが出来ることがあります。しこりが潰れると表面が潰瘍化したり、穴が開いて膿が出てきたりするので注意が必要です。

中枢神経の異常

痙攣や麻痺、運動障害、意識障害、失神、視神経炎など様々な障害を引き起こしてしまいます。

猫のクリプトコッカス症の原因

病原体のクリプトコッカスは自然界ではごく当たり前に存在していて、鳥の糞便や汚染された植物などの近くで過ごすことで空気感染してしまいます。

鳥はクリプトコッカス症を発症することはありませんが、病原体は常に保菌していると考えても良いでしょう。

また遺伝的な影響からか、シャム猫は他の猫よりもクリプトコッカス症を発症しやすいとされています。

クリプトコッカス症の治療

症状が軽ければ抗菌剤を投与することで完治します。

ただしその場合でも数か月~1年以上の治療期間が必要となることもあり、一度中枢神経を侵されてしまうと生涯治療を必要としなければならないことになってしまいます。

クリプトコッカス症にならないために

鳥の糞があるような環境に猫を連れていかないようにしましょう。完全室内猫でもベランダにハトの糞があるようなら、見つけ次第綺麗に掃除しましょう。

またクリプトコッカス症は猫の免疫力が下がっていると発症する可能性が高まるので、健康を保つことも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です