愛猫の肛門事情は大丈夫? 猫の肛門嚢炎についてまとめました

猫の肛門嚢炎はこんな病気

猫の肛門付近には「肛門腺」と呼ばれるマーキングに使用する分泌液を生成する器官があります。

肛門腺で作られた分泌液は一端「肛門嚢」に蓄えられてから、外に排出されます。その「肛門嚢」になんらかの原因で炎症が起こった状態のことを「肛門嚢炎」といいます。

取り立てて緊急性のある病気ではありませんが、発見が遅れると肛門嚢膿瘍を引き起こし、症状が悪化することもあるので注意が必要です。

猫の肛門嚢炎の症状

炎症が起こるとかゆみ・痛みといった症状がみられます。猫は肛門付近を舐める・噛む、地面にこすり付けるといった行動が多くなるでしょう。

また肛門周辺が赤く腫れ、痛みにより便が出しにくくなり、便秘気味になる傾向があります。

さらに悪化し肛門嚢膿瘍を引き起こしてしまうと、肛門から膿が出たり、肛門近辺に穴が開いてしまいます。

激しい痛みから猫の元気が喪失し、運動もしたがらなくなってしまうでしょう。

猫の肛門嚢炎の原因

肛門嚢炎の原因は「分泌液が正しく分泌されていない」もしくは「肛門嚢が細菌に感染してしまう」と二つの理由どちらかによるものが多いです。

肛門嚢の開口部・肛門管(排出口と肛門嚢を結んでいる管)がなんらかの原因で詰まってしまうと分泌液が排出されず、分泌液が過剰に肛門嚢の中に溜まってしまうのです。

また下痢・軟便を繰り返していて肛門近辺が不潔な状態が長く続くと、分泌液の排出口から肛門嚢に侵入。直接炎症を起こしてしまいます。

併せて運動不足・老化により、肛門括約筋や骨盤周囲の筋肉が衰え分泌液を絞ることが出来なくなってしまい、肛門嚢に分泌液が過剰に溜まってしまうこともあります。

猫の肛門嚢炎の治療

細菌による炎症の場合は投薬することによって完治します。

目詰まりや老化・肥満などによって猫自身で分泌液が出せない場合は飼い主が代わりに絞ってあげることで、肛門嚢に分泌液が溜まらないようにすることが可能です。

場合によっては肛門嚢を摘出する手術も行わなければならないこともあります。

猫の肛門嚢炎は防げる病気です

犬と比べると猫は肛門嚢炎を発症しにくい傾向があります。

定期的に肛門嚢を絞ってあげ、細菌に感染しないよう肛門付近を綺麗にしておけば肛門嚢炎はほぼ防ぐことが出来る病気です。

加えて肥満や運動不足の解消もキチンと対策しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です