猫のクリプトコッカス症とは?主な症状や診断方法、治療方法まとめ

カビ(真菌)の感染により発症する病気で、免疫力低下によって引き起こされやすく、猫にかかわらず、犬や人にも感染する人獣共通感染症(ズーノーシス)です。

症状

クリプトコッカス症では、さまざまな症状が見られますが、

  • くしゃみや粘膜膿性・血液の混じった鼻汁
  • いびき
  • 元気がなく、疲れやすい
  • 食欲不振
  • 顔面(特に鼻の周囲)や頭部、肉球などにしこりや腫れが出る
  • 痙攣
  • 運動失調による不自然な歩行

などの症状が見られます。命に関わる危険性は比較的低いですが、放置していれば命に関わります。

中枢神経から眼まで感染が広がった場合は、網膜剥離や視神経炎・ブドウ膜炎を引き起こして、失明を起こすケースもあります。

原因

クリプトコッカス症の原因であるクリプトコッカスという真菌は、特にハトなどの糞便に多く存在します。

ハトが媒体の役割をしているケースが多く、この感染源を吸い込むことで感染にいたります。

したがって、ハトが多い場所で生活する猫には、このクリプトコッカス症に感染する事が多く、発症に至ります。

また、猫免疫不全ウイルス(猫AIDS)や猫白血病ウイルスに感染していたりして、持病を抱えている猫の場合は免疫力が低下しているために、健康な猫と比較すると感染しやすいのが現状です。

治療方法

クリプトコッカス症の治療は、主に抗真菌剤の投与が行われ、その他、呼吸器や皮膚、神経系などのそれぞれの各症状に合わせて対症療法が適用されます。

予防方法

クリプトコッカスは環境中に多く浮遊しているので、確実な予防法はありません。

日常から猫の健康仮に気を配り自己免疫力の維持や向上、周囲の生活環境の衛生面での配慮を徹底することで、感染の可能性が低くなることはあります。

飼い主が日々の様子をきちんと観察し、異常が見られたら獣医師に相談や診断を受けることをオススメします。

まとめ

先の記載通り、これは猫だけが感染する病気ではありません。自己免疫力の低下が見られる小さいお子さんや妊産婦さん、持病をお持ちの方、高齢の方などは特に注意が必要です。

人間の場合は、どの様な症状が出るか個人差もありハッキリとしたことは言えませんが、発熱などがある場合は自己診断で終わらせずに病院での診察を行いましょう。

また、小さなお子さんや妊産婦さんがいる場合は、身体が通常の状態や子どもの免疫力が上がるまで、動物を飼うことは避けた方が無難です。

もし、以前から動物を飼っている場合は、両親や親戚に一時的に預けることも検討しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です