ウンチを食べてしまう!困った犬の食糞について

初めてそれを見た時には衝撃を覚える、食糞。

その犬の口も臭くなってしまいますし、何より見て嫌な気持ちになってしまいますね。

そんな困った犬の問題行動、食糞についてご説明します。

なぜウンチを食べてしまうのか

子犬は好奇心が旺盛なので、その分食糞をしてしまう確率が高いですが、ウンチを食べてしまうのにも犬なりの様々な理由があります。

犬の心理を考えて、その理由が何か探してみましょう。解決策が早く見つかるかもしれません。

ずばり、暇である

暇だな~何か遊ぶものは無いかな~!いい物があった!と、食糞に走ってしまう犬がいます。ウンチで遊んで、その成り行きで食べてしまう状態です。

この場合、おもちゃを与えたり、遊べる時にたくさん遊んであげて、人がいない時間にぐっすり眠れるようにしてあげると解消される事があります。

お腹が減っている

与えられた食事が少ない、満足しない時に、食事として食糞をしてしまう場合です。カロリーが少なくて量が多く食べれるフードなどに変えると、改善する事があります。

1日の食事回数をこまめに増やしてあげるのもひとつの策と言えるでしょう。

飼い主にかまってもらいたい

食糞を見つけたら驚いて、騒いで、慌ててやめさせようとしますよね。犬から見ると、ウンチを食べたら飼い主さんがかまってくれる、楽しそうにしてくれる!触ってくれる!と思ってしまうのです。

見つけてもぐっと平常心を保って、慌てず騒がずに無心で片付けましょう。

叱るのは良くない?

思わず叱ってしまいそうになりますが、叱ってしまうと逆効果になる可能性が高いです。ストレスを感じてしまいますので、叱るのはやめてあげましょう。

ウンチをする事が悪い事と思ってしまう

排便自体が悪い事なんだと勘違いしてしまう場合があります。無理に我慢をしてしまったり、体調を崩してしまうかもしれません。

隠そうとする

飼い主に見つかると叱られてしまうので、見つかる前に食べてしまおうという心理が働きます。その為、飼い主が気づいた時には排便をした跡しか残っていなくて手遅れになります。

犬の食糞を見つけたら、正しい対処を!

食糞は直すのが難しいとされています。見つけたらとにかくすぐに片付けるのが一番です。

便にかけて使うスプレーも発売されていますね。犬が嫌う刺激物が含まれており、口に入れると苦いようです。こういった対策グッズを使ってみるのもいいかもしれません。

初めは違う理由で食糞をしだした犬も、飼い主の間違った対応により、新たに食糞をする理由を作り出してしまう可能性があります。

子犬の時期は食糞をしてしまっていても、成長とともに次第に回数が減っていき、最終的にはしなくなるケースが多いのです。

しかし、子犬の頃だけその好奇心から食糞をしていたけれど、飼い主さんが楽しそうだから続けます!なんて犬ももしかしたらいるかもしれません。

食糞をしてしまう理由は様々ですが、片付ける際にはくれぐれも慌てず騒がず、無関心な雰囲気を出しましょう。犬と目を合わせないようにするのも効果的ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です