猫の代表的な病気のひとつ慢性腎臓病、注意すべき症状とは?

猫が高齢になると非常に高い割合で慢性腎臓病になっています。原因は不明と言われていますが、もともと猫の祖先たちは腎臓に負担をかけやすい暮らしをしていました。

現在一緒に暮らす猫たちは、定期的な健康診断、普段の猫の食事や水を飲む量、そして尿の回数や量に気をつけることで、慢性腎臓病の早期発見に努めることができるのです。

慢性腎臓病の原因

高齢の猫に多い病気のひとつとして、慢性腎臓病が上げられます。慢性腎臓病の原因は、未だにわかっていない部分も多く、気づいた時には、すでに病気が進行していることも多いケースです。

もともと、現在の猫の祖先、リビアヤマネコは水をあまり飲まずに砂漠で暮らしていました。しかし、この水分量が猫にとっては、腎臓に負担をかけているのではと言われています。

また、塩分の取りすぎや糖尿病、バランスの悪い食事によって、腎臓病になってしまうケースも多くあります。

慢性腎臓病の症状

そもそも、腎臓は体の血液をろ過することで、体の中の毒素を取り除いています。腎臓を構成するネフロンが壊れてしまうと、腎臓の機能が低下してしまい、体の中の老廃物がたまってしまうのです。

一度壊れてしまったネフロンを戻すことはできず、治療も病気の進行を遅らせるための治療が主なものになります。

猫の様子を見ていて、食欲不振や体重減少が見られた、毛並みがなんだか悪いなと感じたなど、慢性腎臓病の症状には様々なものがあります。

その中でも特に注意したい点は飲む水の量と、おしっこの量です。多飲多尿は、慢性腎臓病の主な症状です。

ドライフードを与えている場合、普段からお水をしっかり飲ませることは腎臓病予防に大切なことですが、明らかに飲む量が増えたり、トイレ掃除の回数が増えたなど、気になることがあれば、すぐに動物病院を受診しましょう。

また、腎臓には、他にも様々な働きがあり、ふらつきや貧血症状が出るなどのサインもあります。

慢性腎臓病の治療

腎臓病の治療は、食事療法がメインになります。猫の腎臓病予防には、栄養バランスの整った食事が大切ですが、早めに腎臓病用のフードに切り替えることで病気の進行を抑えることができます。

手作り食を与える場合は、タンパク質とナトリウムを少なめに与えることが基本です。しかし、量に関してはコントロールが必要な為、必ず獣医師に相談するようにしましょう。

老猫用のフードには、市販の物でも、栄養がコントロールされているものがあります。こういった物と併用しながら与えていってもよいでしょう。

しかし、勝手な判断で食事を与えてしまうと、副作用を起こすこともあり、注意が必要です。また、検査結果によっては、症状に合わせた薬でコントロールしていき、生涯飲み続けることが大切になります。

普段から病気の早期発見の為に気をつけること

慢性腎臓病は猫に多い病気なので、早期発見によって、その後の治療方針も変わります。元気な猫であっても、実際は症状が出ていない段階で、腎臓機能の低下が始まっていることがあるのです。

定期的な健康診断と、栄養バランスの取れた食事、適切な水分量に注意してあげるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です