猫の熱中症、症状や応急処置は?予防のための注意点

暑い季節には人の熱中症に注意が必要ですが、猫も熱中症になることをご存知ですか?

猫はほとんど汗をかかないので人と違い体温調節が苦手な生き物で、比較的暑さには強いものの夏の閉め切った室内、車内などでは熱中症をおこす危険があります。

ここでは猫の熱中症の症状や対処法、予防について説明します。

猫の熱中症、どんな症状が出るの?

軽度の時は元気がない、食欲がない、くらいですが、症状が進むとふらふら歩く、立ち上がることができない、口を開けてハァハァと呼吸をする、よだれが出るなどの症状が出てきます。

また、脈拍、心拍も上昇するでしょう。

さらに重症化すると口の中が赤くなる、嘔吐や下痢、けいれんを起こすなどして最悪の場合はそのまま死亡してしまいます。

猫が熱中症にかかった時の応急処置、治療法など

まずは体を冷やしましょう。

日陰の涼しい場所に移動させ、冷たい水で濡らしたタオルで全身をくるみます。この時タオルは固くしぼらずに十分に水を含ませた状態にしてくださいね。

同時に大動脈がある首筋や前後の足の付け根にも、濡らしたタオルをたたんであてがいましょう。その状態でエアコンの冷たい風や扇風機の風をあてて体温を下げます。

水が飲めるようでしたらたっぷり飲ませてください。

軽度の熱中症ならこれで回復しますが、重症だなと思ったらそのまま動物病院へ。

重症の状態が長く続くと命に関わることもあります。病院で適切な治療を受ける必要があるでしょう。

猫の熱中症、どうやって予防する?

室内の風通しをよくする

防犯上問題がなければ窓を開けるのが一番良いのですが、無理な場合は換気扇を複数個所回すことで風の流れを作れますよ。

また、猫が家の中を自由に移動できるようにしてあげましょう。健康な猫なら自分で涼しい場所を見つけて移動するでしょう。

留守番時など、どうしても閉めきった一室だけで過ごさなければならない時は、エアコンが必要です。

猫は人よりも高い気温を好むので、さほど気温を下げる必要はありません。28℃設定、もしくは除湿機能で十分予防できますよ。

いつでも水が飲めるようにする

普段以上に水入れの水を切らさないよう注意してあげてくださいね。猫のよくいる場所、通る場所に水入れを置くことも効果的です。

普段はドライフードだけを食べていても、夏場だけは水分の多いウェットフードを与えて積極的に水分摂取を促すのもよいでしょう。

車で移動する時は?

暑い季節、エンジンを切った車内はあっという間に温度が上昇します。たとえ短時間でも、車を止める時は猫を車内に置いて行かないようにしましょう。

また、運転中は猫を入れたキャリーバッグに直射日光が当たらないようにすることも大切です。

最後に

いかがでしたか?

飼い主さんのちょっとした注意で防げる熱中症、暑い季節にはきちんと対策をして猫が快適に過ごせるよう、心がけてあげたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です