うさぎのチャームポイントの「耳」にかかりやすい病気について

うさぎの特徴といえば大きな耳ですよね。うさぎの耳は音を捉えるだけでなく、体温調整にも活用されている大切な器官です。

今回はそんなうさぎの耳に症状が出やすい病気を、「外耳」「内耳・中耳」に分けてご紹介します。

うさぎの外耳の病気

外耳とは鼓膜よりも外の耳の部分のことをいいます。後で紹介する「内耳・中耳」と比べると分かりやすいところに症状があらわれることが多いでしょう。

外耳炎

外耳に炎症が発生する病気で、耳の病気の中でももっともポピュラーでしょう。

細菌が耳の中で繁殖。初期では赤く腫れる程度ですが、悪化すると皮膚が厚くなりごつごつしてきます。さらに悪化し細菌が神経まで達してしまうと死亡する恐れもある病気です。

早期発見・早期治療が何よりも大切でしょう。

耳ダニ症

耳ダニ(ウサギキュウセンヒゼンダニ)が外耳道に寄生することで発症する病気です。
耳ダニ症になってしまうと足で耳を掻く、耳をしきりに振るといった行動がみられるようになります。

初期症状は耳が乾燥し、フケのような粉が出る程度です。症状が進行すると次第に大量の耳垢が発生。さらに耳がかさぶただらけになって、化膿してしまうこともあります。

多頭飼いしている場合、一匹でも耳ダニ症にかかってしまったら、すぐに隔離する必要があるでしょう。自然完治は難しいので、すぐに動物病院で診察してもらい駆虫薬を服用しましょう。

うさぎの内耳・中耳の病気

中耳とは鼓膜より内側の鼓室と耳管の部分のことで、内耳とはそれよりも内側のことを指します。

中耳炎・内耳炎

外耳炎などにより細菌が鼓膜より内側に進出してくると、中耳や内耳でも炎症が起こってしまいます。中耳炎・内耳炎によって平衡感覚が失われることがあり、そうすると真っ直ぐ歩けなくなるなどの症状がみられます。

基本的に外耳炎よりも緊急性が高く、放置しておくと細菌が脳にまで達し、死んでしまう可能性があるので、発見次第すぐに診察・治療を受けるようにしましょう。

耳の病気の予防法について

まずはうさぎの耳に傷がつかないよう配慮しましょう。怪我から細菌感染してしまう可能性があります。多頭飼いしている方は、喧嘩が起こらないように気を付ける必要があるでしょう。

ウサギの耳を覗いてみて、耳垢やデキモノ、分泌物などが発生していないか確認しましょう。耳垢が溜まっていればを取ってあげることも必要です。

あとは定期的に動物病院で健診を受けていれば、耳の病気にかかるリスクは低くなるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です