子猫の離乳させる時に気を付けたいことは? 子猫の離乳方法と注意点

ミルクを飲んでいた子猫も生後3週間目に入ると徐々に離乳の時期が近づいてきます。母猫がいない場合、授乳に引き続いて離乳も飼い主さんの仕事になります。ミルクから固形食へのシフトはどのようにすれば良いのでしょうか?

今回は、子猫の離乳と離乳食についてご紹介しましょう。

離乳の時期の見極めは?

離乳の時期は3週間目、乳歯が生えそろった頃からスタートするのが目安だと言われています。しかしながら、子猫の成長具合によって調整する必要がありますので、子猫の様子を見ながら進めていった方が良いでしょう。

離乳食への移行はどのようにすれば良いの?

まず、離乳食を食べさせる前にお皿からミルクが飲めるように練習させます。ミルクを少し入れたお皿を目の前に置き、舌を使ってお皿からミルクを飲むことを覚えさせるのです。

お皿からミルクを飲めるようになったら、ミルクの量を少しずつ減らしていき、代わりにペースト状の離乳食を与えていきます。離乳食も最初はミルクを混ぜて柔らかくし、徐々にペーストの割合を増やしていきます。

この時期はすぐにお腹が一杯になってしまうので、1日に4~5回に分けて食べさせます。

離乳食をしっかり食べるようになったら、子猫用のフードをあげ始めます。最近は子猫用のフードが売られていますので、子猫用を購入しましょう。こうして生後6週間目~8週間目には完全に離乳させるようにします。

もし、ミルク以外をなかなか食べてくれないようなら、ペースト状のフードを指に付けて舐めさせてみましょう。子猫用のフードにも種類がありますので、種類を変えてみても良いかもしれません。

離乳食は水分が多いので、あまり水は飲まないかもしれませんが、同時に水を飲む習慣もつけさせましょう。

子猫に必要な栄養分は?

子猫に必要な栄養分は成猫とほぼ同じですが、子猫用には特に、質が高く消化の良いタンパク質が必要です。

タンパク質に含まれるタウリンは健康な体を作るのに欠かせない栄養素ですし、他にもアラキドン酸、アルギニン、ビタミンなど子猫の成長に必要な栄養があります。

子猫の時に必要な栄養を摂らないと、丈夫な体を作ることができず、病気がちの猫になる可能性もあります。

また、子猫の時にさまざまな種類の食材に接することは、好き嫌いを減らすことにも繋がりますので、フードを1種類に限定せず、なるべく種類豊富にフードを用意した方が良いでしょう。

離乳の時期は短いのであっと言う間に過ぎていきますが、この短い時期が猫にとってはとても大切です。離乳食はなるべく離乳専用、子猫専用のフードを選び、食べさせてあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です