失明してしまうことも!? 猫の角膜炎ってどんな病気?

猫の角膜炎はこんな病気

眼球の黒目を覆っている膜のことを角膜といいます。この角膜になんらかの原因で炎症が起こってしまった状態が「角膜炎」です。

激しい痛みを伴うだけではなく、重症化してしまうと最悪失明する恐れもある病気です。

角膜炎の種類

角膜炎は炎症の程度によって二種類に分けられます。角膜の表面(角膜上皮)のみに炎症が起こっている「非潰瘍性角膜炎」と、表面よりも深い部分も炎症してしまっている「潰瘍性角膜炎」です。

角膜炎の症状

角膜炎になった猫には以下のような症状があらわれます。また症状自体は「潰瘍性角膜炎」と「非潰瘍性角膜炎」のどちらも変わりませんが、「潰瘍性角膜炎」の方がより重症になってしまうことが多いようです。

  • まばたきが多くなる
  • 頻繁に目をこする仕草をみせる
  • 大量の涙を流す
  • 目ヤニがでる

さらに重症化すると「角膜が白く濁る」「角膜に穴が開く」といった症状が起こり、失明してしまうこともあります。

角膜炎の原因

非潰瘍性角膜炎

非潰瘍性角膜炎の原因はほぼ「ウイルスまたは細菌」によるものです。特に猫ウイルス性鼻気管炎の原因ともなる「ヘルペスウイルス」との因果関係は深いとされています。

またペルシャ・ヒマラヤン・シャム猫などの品種は他の猫と比べると、非潰瘍性角膜炎になってしまう確率が高いようです。

潰瘍性角膜炎

潰瘍性角膜炎の原因は「角膜への直接的なダメージ」です。目を強く擦ったり、トゲや埃などの異物が目に入ってしまう。またはドライアイや眼球突出、緑内障など慢性的に負担を与え続けていても発症する恐れがあります。

角膜炎の治療

角膜炎はよほどのことがない限り、角膜炎の原因となっている病気を治療する「対症療法」が取られます。

例えば感染症が原因の場合は抗ウイルス剤・抗生剤を投与し、異物が目に入っているときはそれを取り除きます。加えて点眼を繰り返せば、大抵は完治するでしょう。

角膜炎がかなり進行・悪化し、失明の危険があるケースでは角膜を切り取ったり、角膜移植などの外科手術が施されることもあります。

角膜炎の予防

ペルシャ・ヒマラヤンなどの短頭種は目に異物が入っても気付きにくい特徴があるので、特に注意が必要です。

  • 眼球周辺の毛は切らない
  • ブラッシングをまめに行う

など異物が愛猫の目に入らないように気を付けるとともに、ワクチンを接種してウイルス感染を防ぐことも必要でしょう。

愛猫の目のチェックは頻繁にしましょう

目ヤニ、涙などは目の異常のサインです。角膜炎でなくても、結膜炎など他の目のトラブルかもしれません。一日に一度は愛猫と見つめあって、目の状態を確認してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です