愛猫の尻尾、なんだか臭いませんか?もしかしたらスタッドテイルかもしれませんよ

スタッドテイルってこんな病気

スタッドテイルとは「尾腺炎」とも呼び、尻尾の根本にある尾腺という場所が炎症を起こしてしまう病気です。

尻尾の根元には「におい」がある脂(皮脂)を分泌する分泌腺が存在します。猫が飼い主の体や、壁、柱などに体をすりすりとさせる姿を見たことがありませんか。

それらの行為をしているとき、この分泌腺から発せられる「におい」を対象にすりつけているのです。

そうすることで猫は自分の存在を周囲にアピールしたり、他の猫と情報交換を行なっているのです。

スタッドテイルとはこの脂が過剰に分泌されてしまっている状態のことです。

スタッドテイルは命の危険となる病気ではありませんし、他の重大な病気を併発する恐れもほとんどありません。しかし場合によっては患部が不快な悪臭を放つことがあるので、注意が必要な病気です。

スタッドテイルが多い品種・性別

基本的にどの品種でも起こりうる病気です。短毛種よりも、ペルシアなどの長毛種の方が発症する可能性が比較的高いようです。

オスメスで比較すると、圧倒的に「去勢していないオス」が発症してしまう確率が高いようです。

スタッドテイルの症状

最初は尻尾が多少べたべたと脂っぽいくらいですが、症状が悪化して皮膚炎を起すと猫が患部をしきりに舐めたり、噛んだりして「脱毛」を起こし、細菌に感染してしまうと患部が化膿してしまうこともあります。

スタッドテイルの原因

なぜ脂が過剰に分泌されてしまうのか。原因はまだよく分かっていません。一般的には「男性ホルモン」「遺伝」「脂漏症」などが何らかの影響を与えているとされています。

スタッドテイルの治療法

  • 患部を清潔にする(周辺の毛を剃る)
  • 薬浴(薬用シャンプーで患部を洗浄する)

以上のことをこまめに行えば、症状は軽くなるでしょう。

これだけだと自分一人でも出来そうですが、化膿していると抗生物質も必要になりますし、なによりスタッドテイルは「再発しやすい」傾向があるため、必ず獣医さんの診察を受け指示に従って治療するようにしましょう。

愛猫をスタッドテイルにしないために

原因が明確でないスタッドテイルですが

  • 普段から愛猫の体を清潔に保つ
  • オス猫ならば去勢も選択肢に入れる
  • 必須脂肪酸を適量与える

ことで発症する確率をぐっと低くすることが可能です。愛猫をスタッドテイルにしないためにぜひ実践してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です