猫の横隔膜ヘルニアの症状・原因・治療法について

横隔膜ヘルニアってどんな病気?

横隔膜とは胸とお腹の間にあり、両者を隔てている筋肉と腱で構成されている薄い膜のことです。

普段は呼吸の補助的な役割を果たしていますが、なんらかの原因でこの横隔膜が破れ内臓が胸腔に入り込んでしまった状態のことを「横隔膜ヘルニア」といいます。

命の危険はありませんが、様々な体の不具合を起こしてしまう恐れがある症状です。

横隔膜ヘルニアの症状

横隔膜ヘルニアの症状は、胸腔に入ってしまった臓器の大きさや数、種類によって変化してきます。

基本的に横隔膜に開いた穴が大きければ大きいほど、胸腔に入る臓器も増え、症状もより悪化してきます。反対に穴が小さければ全くの無症状という場合も珍しくありません。

それでは具体的な症状をご紹介します。

  • 食欲不振
  • 運動をしたがらない
  • お腹を触られるのを嫌がる(腹痛のため)
  • 嘔吐
  • 肝機能障害

などです。さらに重症化するとチアノーゼ・体温低下などが見られ、子猫だと発育不良になってしまう恐れもあります。

横隔膜ヘルニアの原因

横隔膜ヘルニアには「外傷性」と「先天性」の二つの種類があります。それぞれ詳しく説明していきましょう。

外傷性の横隔膜ヘルニア

横隔膜ヘルニアのほとんどの原因が交通事故・転落事故・衝突事故などによる外傷によるものです。胸部を強い力で圧迫されてしまうと、横隔膜が破れ、臓器が胸腔に入り込んでしまうのです。

散歩中に事故に巻き込まれ、飼い主が知らない間に横隔膜が破れてしまっているという事例も少なくありません。愛猫を外に出している家庭では特に注意が必要でしょう。

先天性の横隔膜ヘルニア

生まれつき横隔膜が奇形・不完全な形をしているケースもあります。外傷性の横隔膜ヘルニアと比較すると、無症状であることが多いようです。

どの品種でも先天性の横隔膜ヘルニアになる可能性はありますが、短毛種よりも長毛種の方が発症する確率が高い傾向があるようです。

横隔膜ヘルニアの治療

先天性の横隔膜ヘルニアは出来るだけ早い治療をおすすめします。外傷性の横隔膜ヘルニアは基本的に外科手術で治療します。

外傷性の横隔膜ヘルニアは「手術が早ければ早いほど良い」というわけではありません。

24時間以内に手術をすれば、逆に死亡率を高めてしまう可能性があるのです。この場合は症状の安定化を最優先に、治療することとなります。

横隔膜ヘルニアは治療しなければ治らない病気です

横隔膜ヘルニアは重篤な症状になる危険はそれほどありません。しかし一度開いてしまった穴は、自然に閉じることはありません。

愛猫が事故に会ったときは、怪我がなさそうに見えても必ず診察を受けるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です