尿毒症を知っていますか?猫の尿毒症の症状や原因・治療について

尿毒症とは

腎臓になんらかの障害が起きると、本来排出されるべき血中の老廃物がそのまま残り続けてしまいます。その老廃物が他の臓器に悪影響を与え、最終的には命の危険にも関わる重大な症状なのです。

尿毒症の症状

次のような症状がみられたら注意が必要です。

  • 食欲不振、体重減少
  • 嘔吐
  • 下痢または便秘
  • 動きたがらなくなる
  • 口臭がひどくなる
  • 足がむくむ

徐々に腎臓の機能が低下し、体内に老廃物が溜まり続けるとこのような症状が起き始めます。これらは放置しておくとどんどん悪化していきます。

また急性腎不全などにより急激に腎臓の機能が低下した場合、突発的かつ重篤な症状になります。

  • 痙攣
  • 昏睡
  • 嘔吐
  • 失神

など命に関わるので、注意が必要です。

尿毒症の原因

尿毒症は主に腎臓の機能に障害が起きたとき発症します。また他にも心臓や排尿に関わる臓器の異常でも発症する恐れがあります。

腎臓の障害

  • 急性腎不全
  • 慢性腎不全
  • 急性糸球体腎炎

などです。【尿毒症の症状】でも書きましたが、特に急性腎不全や急性糸玉腎炎は一気に症状が悪化しやすい傾向があります。

心臓の障害

  • 心不全

心臓になんらかの異常が生じ、血液を正常に送り出せない「心不全」になってしまうと、尿毒症を発症する恐れがあります。
腎臓が正常に機能していても、老廃物が含まれている血液が腎臓に届かず、結果的に体内に老廃物が溜まってしまうのです。

排尿に関する障害

  • 尿路閉塞

正常に老廃物を排尿することが出来なければ体内に尿=老廃物が溜まり続け、尿毒症になってしまいます。

尿毒症の治療

症状が軽ければ、点滴・薬の投与・輸血をして症状を軽減させます。
逆に症状が重ければ人工透析や腹膜透析を行い、老廃物を体内から排出させる必要があることもあります。

また同時に尿毒症を引き起こしている腎臓・心臓・排尿器官の基礎疾患の治療もする必要があるでしょう。

尿毒症の予防

絶対的な予防方法はありません。腎臓・心臓などの基礎疾患の予防に気を付けましょう。
また腎臓になるべく負担を与えないよう味付けの濃い人のご飯や、猫が中毒症状になる食べ物は与えないようにしましょう。

重症にならないよう早期発見をこころがけましょう

尿毒症は症状の差が激しい傾向があります。

症状が軽ければ通院するだけで治療が可能ですが、重度になってしまうと入院や手術が必要になるだけでなく命の危険も大きくなってしまいます。

愛猫の日頃の様子を観察し、早期発見・早期治療をこころがけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です