知らないうちに感染しているかも?猫免疫不全ウイルス感染症についてまとめてみました

猫免疫不全ウイルス感染症ってどんな病気?

猫免疫不全ウイルス感染症はネコ科のみ感染する病気です。感染すると猫の免疫力が著しく低下し、様々な病気にかかりやすくなってしまいます。人のエイズ(HIV)と似た症状なので、猫エイズウイルスとも呼ばれています。

猫免疫不全ウイルス感染症の症状

感染しても発病しないケースもあります。発病しても初期ではほとんど無症状なので、この時点で発見することは難しいかもしれません。

直ちに命に関わるような症状はありませんが、免疫力が低下するので、傷が治りにくくなる・下痢・体重減少・口内炎などの症状が徐々にあらわれてきます。

加えて鼻炎・腸炎・結膜炎・膀胱炎・皮膚炎など体の各所に異常があらわれることが多いようです。

さらに重篤な症状になると体のあちこちにガンが出来てしまう可能性があります。

死亡してしまうケースも珍しくはありません。ただし個体差が大きく、発症して数日で死亡することもあれば、そのまま寿命を迎えるまで生きることもあります。

猫免疫不全ウイルス感染症の感染源

ウイルスは猫の体液に含まれています。なかでも唾液に多く含まれているので、猫同士の喧嘩による噛み傷から感染してしまうケースがほとんどです。

かなり稀ですが、グルーミングや交尾でも感染した事例があるようです。

猫免疫不全ウイルスの治療

根本的な治療はありません。ウイルスによって発症した病気などの対症療法が主な治療になります。ですので仮に猫免疫不全ウイルスに感染していると認められても、無症状であれば治療する必要はありません。

ただし、万が一のためにも併発しやすい感染症の予防注射をしておくと良いかもしれません。他にも完全室内飼育に切り替えて、他の感染症から愛猫を守ってあげることも大切です。

猫免疫不全ウイルス感染症の予防

現在のところ有効なワクチンは日本では接種することはできません。アメリカでは効果のあるワクチンが開発・接種できるので今後に期待しましょう。

また感染しないため一番有効なのは、愛猫を他の猫と喧嘩させないことです。

完全室内飼育だと感染するリスクはぐっと下がるでしょう。不妊・去勢手術をすると喧嘩をしにくくなるので、選択肢の一つに入れても良いのではないでしょうか。

定期検診は大切です

猫免疫不全ウイルス感染症はきちんと検診しなければ、なかなか気付くことが出来ない病気です。仮に感染してしまった場合でも、他の感染症にかかっていないかどうか、定期的に検診しなければなりません。

感染する前も後も、定期検診をすることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です