猫の健康維持に!ペット用乳酸菌がオススメ

最近の研究では腸は第二の脳と言われ、消化だけでなく免疫機能など体全体の健康を支える大切な臓器だということが分かっています。腸が免疫に重要な役割を果たしているのは猫でも同様です。腸が健康であり、健康的な便通があることはペットを健康で長生きさせるのに大きく影響しているのです。今では乳酸菌を配合したペットフードやサプリメントも数多く登場しています。今回は乳酸菌がペットの健康に与える影響についてご紹介しましょう。

乳酸菌の働き

乳酸菌には生きて腸に届くタイプと胃酸や胆汁等によって腸に行きつくまでに死滅してしまうタイプがあります。生きて腸に届くタイプの乳酸菌は腸管の粘膜に張りついて腸内の悪玉菌の増殖を抑え、腸内の菌のバランスを良好にする働きがあります。また、腸の蠕動運動を促す働きもありますので便秘の解消に有効ですし、逆に下痢の解消にも良いと言われています。
これに対して死んでしまった乳酸菌は腸内菌のバランスを取ることはできませんが、腸内の善玉菌が退治した悪玉菌を吸着して外に排出する食物繊維のような働きをしてくれます。
従来は死んでしまった乳酸菌には効果がないと言われていましたが今では乳酸菌は死んでしまっても役に立つことが分かっています。

猫にはどうやって乳酸菌を与えるか?

乳酸菌配合のペットフードを与える

最近のプレミアムフードには乳酸菌配合のタイプがあります。ペットフードは製造段階で高温処理されていますので乳酸菌は死滅しているケースが多いでしょう。
もしその乳酸菌が有胞子性乳酸菌というタイプであれば耐熱性が高いので生きたまま腸に届く可能性もあります。

サプリメント

最近ではペット用の乳酸菌サプリメントがたくさん発売されています。錠剤タイプや粉末タイプ、液体タイプなどがありますが、ペットフードに振りかけて与えられるタイプは与えやすくオススメです。
ひとつ言えるのは現在、発売されている乳酸菌サプリはほとんどが人間のために発見、開発された菌を使った商品です。数多い乳酸菌の中でどの乳酸菌が自分のペットに効果があるのかは実際に試して比べてみないと分からないでしょう。

乳酸菌は年齢や体調に関係なく飲ませられる便利なサプリ

腸の働きを良くし、免疫力をUPさせる乳酸菌は年齢や体調に関係なくどんなペットにも与えることができますし、飲みすぎによる害もありませんので普段使いのサプリメントとしてオススメです。乳酸菌の力で愛猫を腸から元気にし、免疫力を高めて長生きさせてあげてください。
[amazonjs asin=”B000TCFU18″ locale=”JP” title=”ゲンダイ (GENDAI) 現代製薬 ザ・乳酸菌 1g×10袋入 生きたまま腸に届く乳酸菌”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です