猫は水分不足になりやすい。水分摂取のための工夫で腎不全を予防!

愛猫の健康のため食事に気を使っている飼い主さんは多いと思いますが、水分摂取量を気にする飼い主さんはまだ少ないのではないでしょうか?
今回は猫が陥りやすい水分不足について、その原因やリスク、対策などを紹介したいと思います。

猫は水分不足になりやすい?

猫はその祖先が砂漠地帯原産と言うこともあり、少ない水分量で生命を維持できるような体になっています。
そのため渇きに鈍感で自力で飲む水の量が少なくなりがちなのです。
「いつも水が飲めるようにしてあるから大丈夫!」
そう思う飼い主さんも多いと思いますが、試しに一日どれくらい水を飲んでいるかきちんと計ってみましょう。
標準的な体型の猫で、一日あたり150cc~200cc程度の水分が必要とされますが、自力でこれだけ飲んでくれる猫はあまりいないのではないでしょうか?

水分が不足するとどうなるの?

猫は人や犬に比べると腎臓の水分再吸収能力が高い生き物で、この力により少ない水分でも生きていくことができます。
この再吸収は腎臓の尿細管と言うところで行われますが、猫の腎不全の多くは少ない水分による再吸収の繰り返しにより、尿細管が壊れてしまうことから始まるのです。
つまり、水分不足は腎不全リスクを高めることに繋がります。
また、水分摂取量が少ないとオシッコの量も減りますよね。
これにより膀胱炎や結石症になりやすくなる、と言うリスクもあるのです。

どうしたら水分摂取量を増やせるの?

自力で飲んでもらうための工夫

みなさんの猫がどのような水を好むかを探ってみてください。冷たい水が好きな猫もいれば、ぬるま湯を好む猫もいます。

また、器も大きいものが良いのか、小さめのものを好むのか、材質もアルミニウム、プラスチック、陶器、これらにも好みがあるかも知れません。流れる水を飲みたがる猫も多いようなので、流水を作り出す装置がついた水飲みを喜ぶ猫もいるでしょう。

一番簡単で確実な方法は?

自力で飲んでもらう工夫も大切ですが、一番確実な方法は食事と一緒に水分を摂取してもらうことです。そして今日からすぐできる簡単な方法、それはウェットフードを取り入れることです。ウェットフードは約80%が水分、例えば100gのウェットフードを食べればそれだけで80ccの水分が摂取できるのです。

これが一番簡単で確実な方法ではないでしょうか?
「ちょい足しレシピ」として、ウェットフードにさらに水を足し混ぜてリゾット状にするとさらにたくさんの水分が摂取できますよ。
どうしてもウェットフードを食べてくれない猫さんなら、ドライフードをひたひたの水に30分ほど漬けてふやかしてから与えてもよいでしょう。

いかがでしたか?
水は命の源、と言いますが、猫の場合これがとても切実であることがお分かりいただけたかと思います。
十分な水分摂取でみなさんの猫が元気で長生きできるよう、手伝ってあげてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です