【獣医師監修】猫はイチゴを食べても大丈夫?

冬の真っ赤で甘酸っぱい果物といえば、いちご。いちごを食べていたら家の猫が寄ってきた経験はありませんか?鮮やかな赤と、みずみずしいツヤとハリがあるいちごを美味しそう、と感じるのは人間だけではないのかもしれませんね。
さて、本題は猫がいちごを食べて良いのかどうかということ。実はいちごには意外な成分が含まれているのです。

猫にいちごは有害か


答えは△です。
少量食べる分には全く影響がないといえますが、いちごにはキシリトールが含まれていて、このキシリトールが猫に中毒症状を引き起こす原因になるかもしれないのです。
キシリトールが犬や猫にとって有害なのは有名な話で、知っている方も多いと思います。犬では低血糖を起こし、最悪の場合死に至る可能性がありますが、実は猫についてはキシリトールの危険性は未だ謎が多いままなのです。
犬よりも猫の方が誤食も少なく(性格にもよりますが)、キシリトールを口にしてしまう機会が少ないためハッキリと危険かどうかは分かりません。犬やフェレットではキシリトールは禁忌と言われるほど重篤な症状を引き起こすので、猫でも何かしらの影響があるかもしれないと思っておくのが一番良いでしょう。

免疫強化にいちご


いちごにはビタミンCが多く含まれていて、人間にとっては美肌や美白効果の期待できる食べ物として有名です。猫にももちろんその効果が期待できるかもしれませんが毛に覆われていて目に見えてはわかりません。
そこで一番期待したいのが免疫増強効果です。ビタミンCは、免疫力を高める効果や健康維持に役立つ働きがあります。継続的に摂取しなければ効果は期待できないかもしれませんが、おやつ代わりにすれば栄養も摂れて良いかもしれません。
ただし、先ほどもお話したように、キシリトールが含まれていますので、あげる量には十分注意してくださいね。

誕生日ケーキにいちごをトッピング


ショップで買った猫用ケーキもいいけれど、1年に1回の誕生日は手間をかけて祝ってあげたいと思う飼い主も多いはず。
味付けをしていない甘い野菜や新鮮な果物を組み合わせて誕生日ケーキを作ってあげるのも良いかもしれませんね。1からすべて手作りするには時間もかかるし、使っても良い食材を選び出すのが大変という方は、いつものキャットフードに果物をトッピングするだけでも十分ですよ。
量は”少なめ”が一番です。いつもと違うものを食べると消化器に負担がかかりますから、お腹を下してしまう可能性があります。いちごであれば、一粒を小さめに切って綺麗にトッピングしてあげてくださいね。

猫は酸っぱさが苦手?


せっかくいちごをあげたのに、中には食べようとしない子も多いかもしれません。
猫は酸っぱさに一番敏感で、甘さには鈍感ですから、甘酸っぱいいちごはただのスッパイ塊に感じているかもしれません。
あまり欲しがらなければ無理に食べさせる必要はありませんから、無理強いせずに下げてあげてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です