猫も花粉症になる?春先に増える猫の鼻炎の症状・治療法・予防法

この時期多くの人が困るのが花粉症ですが、飼っている猫がこの時期に急にくしゃみをしたり、鼻水を垂らしたりし始めたら、もしかしたら私たち人間みたいに花粉症にかかったのでは?と思ってしまいますよね。今回はこの時期に増える猫の鼻炎についてご紹介しましょう。

猫の鼻炎と花粉

猫の鼻炎はウィルスや細菌、微生物の感染やアレルギーと言ったものが原因で発症する病気で、水っぽい鼻水を垂らしたり、くしゃみをしたりします。この時期に猫の鼻炎が増えるのは温かくなって家ダニなどが増えアレルギーを発症することも大きな原因ですが、猫も人間同様、花粉によってアレルギー反応を起こし鼻炎を発症していることもあります。

猫の鼻炎の症状

症状は軽い場合でくしゃみや水っぽい鼻水がありますが、症状が重くなってくると鼻水に膿が混じってきたり、呼吸障害を起こしたり、食欲低下や体力減退などを引き起こすこともあります。命にかかわる可能性は低いですが、健康状態が悪化し、不調が続くと他の病気を発症しやすくなるので、注意が必要です。

鼻炎の治療法

猫の鼻炎の治療法は一般的には内科診療が行われ、鼻炎の原因に合わせた抗生物質などの投与治療が行われます。根本的には鼻炎の元となるアレルギー物質やウィルスを取り除くことで病気は沈静化していきますが、なかなかその原因が分からないと薬をやめてしまうとまた再発してしまう可能性もあります。症状が軽い場合は薬投与で数日で治ることもありますが、体力低下や慢性化がみられる場合には完治するまでに時間を要してしまうこともあります。

猫鼻炎の予防法

猫鼻炎の予防法としては、鼻炎の原因となるウィルス感染を防ぐことが有効だとされています。定期的にワクチンを接種することで感染を防ぐことが出来ますが、ウィルス感染の鼻炎以外の場合には、こまめに掃除を行ったり、外出を控えたりしてその原因を取り除いてあげることが重要になります。予防接種をしても鼻炎の元をすべて断てるわけではないので、まずは鼻炎を引き起こす原因因子を猫に近づけないようにし、適切に飼育してあげることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です