【動物看護士が解説】犬の療法食ってどんなもの?食べないときはどうすれば良い?

動物病院や、一部のペットショップで見ることのできる犬猫の療法食。パッケージ自体に説明書きが少なく、いまいちどんな食事なのかわかりませんよね。病院で出される食事だからなんとなく良さそう、という理由で買おうとしていませんか?物によっては、愛犬、愛猫のためにならないこともあるのです。

自己判断で買うのは危険


療法食には、予防を目的にするものと、治療の手助けを目的にするものがあります。
予防を目的にするものであれば、自己判断で購入しても問題はありません。しかし、治療を目的にするものはそれぞれの病気の特徴の合わせて食事の成分を調節してあるため、目的に合わない状態の犬にその食事を与えるのは良くありません。
体調が悪化したりすることは幸いありませんが、健常な犬に与えるには栄養バランスが少し偏ることもあるかもしれません。また、便秘や下痢を誘発する可能性もあるので、療法食はきちんと獣医師と相談した上で購入するようにしましょう。

どんな種類のものがあるの?


療法食の種類は非常にたくさんあります。各臓器の数ずつあると考えても間違いではない程です。心臓病や腎臓病、肝臓、脳、膀胱など実に様々な種類の食事があります。
それぞれ治療とまではいきませんが、治療の手助けの一つとして使用されています。他にも、肥満防止や歯石予防などどんな犬でも使用できる食事もあります。

食べないときはどうする?


療法食を食べることを指示されたのに、食べてくれないということは非常に多いです。人間が病院食をあまり美味しく感じないというのと同じで、健康や治療の妨げにならないよう、成分重視で作られているので味は一般食より劣っているようです。
療法食を指示された場合は、食事を変更するわけにはいかないので、食べるようにする工夫をしなければなりません。ほんの少し缶詰を混ぜてみたり、ささみの煮汁を足してみたり、ドライフードならふやかしてみたり、ウエットフードなら温めて香りを立たせてみたり。
ほんの少し風味づけする程度ならOKしてくれる場合が多いですから、あまりにも食べない場合は獣医師に相談すると良いでしょう。

材料の確認を


トッピングが許可されたら、どんな食材が使用可能かも一緒に確認をしましょう。例えば脂肪を抑えている療法食なのに、高脂肪なチーズをトッピングしてしまうと意味がなくなってしまうので、トッピングの材料は確認が必要です。
療法食は食べなければ違う種類に、と変更ができないので少し大変ですが、治療のため、飼い主さんも食事に一手間二手間を加えて、愛犬・愛猫と一緒に頑張ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です