ノミ、ダニ、シラミ。かゆくなってしまう猫の外部寄生虫について

ノミ、ダニ、シラミを触ったことがありますか。愛猫と接していた毛の中に見つけてしまうこともあるかもしれません。こういった外部寄生虫は不潔なだけではなく、感染症の原因になる細菌や寄生虫の感染源でもあるのです。今回は、猫に寄生する主な外部寄生虫について紹介しますので、ご参考下さい。

ノミ

外部寄生虫の代表格ですね。主に「ネコノミ」が猫に寄生します。体長は2mmから3mm程度で、尋常ではない跳躍力を持っています。人や動物の血を吸って栄養を補給します。動きが早く発見するのは少し困難ですが、ノミの糞を発見することで、愛猫にノミが寄生しているかどうか確認することができます。ノミの糞は黒くて小さく、潰すと赤く滲むのが特徴なので、ぜひ探してみましょう。

またノミに血を吸われることによって「ノミアレルギー性皮膚炎」を直接引き起こすことがあります。原因はノミが吸血した際に出す唾液で、アレルギー症状を起こすとお尻の部分に赤いぶつぶつが出て、愛猫は痒がるでしょう。もし似たような症状があれば、早急にノミを除去してあげましょう。

ダニ

猫に寄生するダニは、寄生する箇所や症状が異なってきます。それぞれ対処法も異なるので注意して観察してみましょう。

ヒゼンダニ

猫の皮膚に穴をあけ寄生する「猫穿孔ヒゼンダニ」と、主に耳に寄生する「耳ヒゼンダニ」の二種があります。どちらも非常に強烈な痒みをもたらし、猫は傷がつくほど耳や頭を掻きむしってしまいます。放置しておくと、痒みが全身に広がってしまいますので、早めに対処してあげましょう。

これらの症状は疥癬症と呼ばれ、シャンプー程度では収まらないことが多く、動物病院でダニ駆除剤を打ってもらうことが一番の解決法です。

ニキビダニ

毛包虫症という皮膚炎を引き起こすこともあるダニです。成猫もですが、免疫力が低下している老猫が多く発症する傾向があります。初期のころは頭部を中心に、炎症や脱毛などの症状がみられ、悪化すると細菌感染も併せて発症してしまい全身に炎症が広がってしまうこともあります。

猫ハジラミ

名前のとおり主に猫に寄生するシラミで、人に寄生することはありません。2mm程度の大きさです。ノミのように素早くないので、毛の根本を中心に探せば発見できるでしょう。
基本的に猫の体上でしか生きることは出来ず、一端落ちてしまうと数日で死んでしまいます。寄生されるとフケや発疹などの症状が現れるので、確認してみましょう。

まとめ

外部寄生虫は普段から愛猫を綺麗にしておくだけではなく、部屋の中なども清潔に保っておくことで症状の悪化を防ぐことが可能です。駆除グッズも市販されていますので、愛猫の負担にならない程度に色々と試してみるのも面白いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です